サプライズムービー 新婦へ

結婚式の時にサプライズで新婦に何かしたい男性の方はとても多い気がします。でも何をしたらいいのか分からない場合も多いかと思います。そんな時はAMOにご相談ください。きっとサプライズムービーだけで数百本を制作してきたノウハウを生かして、一緒に新婦を喜ばせるサプライズにしていきましょう。

ラインナップ

サプライズムービー 新婦へ-プロポーズをもう一度

笑い 驚き 感動 感謝

プロポーズをもう一度

29,800円(税込)

実際にAMOで制作した新婦へのサプライズ案

実際のムービーは本人の許諾がある場合のみ掲載しています。

新婦父親への挨拶サプライズ

結婚式前に新郎が新婦の父親へ挨拶に行くというサプライズです。もちろん結婚を決めた時に挨拶に行っていますが、その時は新婦側の家族もいて新婦もいる状況です。新郎にとっては新婦の父親との対面が一番緊張します。それはみんなが分かっている事実です。

サプライズがなぜ起きるかというと、それはやらないでしょ!と思っていることをやることですよね。だからこそこのサプライズは新婦もびっくりするのです。

では、具体的に何をするかというと、新婦の父と新郎、二人だけの空間で話してもらうことです。お酒を飲みながらでもいいです。その様子をスマホのカメラで撮影しておきましょう。そのムービーをメインとして使います。

後は、新婦の実家に行くまでの新郎の様子を撮影しておくことも重要です。きっと緊張感の伝わる動画が撮影できるかと思います。

新婦のお母さんや兄弟、姉妹とも出来ればあって、ビデオレターをもらっておきましょう。ムービーの最後に付けるとより一層、新婦は感動してくれます。

サプライズプロポーズ

結婚は決まったけど、なんとなくそんな感じになった。ちゃんとプロポーズしていない。という新郎がとても多くいます。結婚式の演出としてサプライズプロポーズをしましょう。新婦はぜったいに喜んでくれるはずですね。

具体的には、新婦への思いをコメントにして、二人の思い出の写真と自撮りでもいいので撮影した動画を組み合わせて、サプライズムービーを制作します。

結婚式当日はいろんなパターンが考えられます。ムービーで完結する方法や、ムービーではプロポーズする動画は入れずに「これからプロポーズします」で終わるように制作しておいて、当日にマイクを渡してもらって、お花や、プレゼントと一緒に実際にプロポーズをする方法など、結婚式当日の演出に合わせてムービーを構成することが多いです。

苦手なことを練習してサプライズ

歌が苦手な新郎がいました。結婚式で新郎は新婦へのサプライズとして、ピアノを使った弾き語りをやりたいという想いから、このサプライズはスタートしました。

新郎は5か月前からピアノのレッスンに通い、ボイスレッスンにも通いました。その様子をスマホで撮影し、ドキュメンタリーっぽくムービーを制作しました。

結婚式当日、そのムービーを流し、ゲスト全員からも応援されながら新郎は必死になってピアノを弾き、歌も歌いました。もともと新郎は歌が苦手なことを知っている新婦は号泣でした。歌った曲は新婦の大好きな音楽を選びました。「私のために努力してくれたことがとてもうれしい」と言っていました。

ムービーを制作することが重要なポイントです。新郎は歌が苦手というのはゲスト全員が知っているわけではありません。何も知らないゲストは感動のポイントが分からないのです。このサプライズはゲスト全員が応援してくれることに意味があります。まさに結婚式会場全体の一体感です。

サプライズムービー 新婦へおすすめ特集を見る

サプライズムービー 新婦への口コミ

2016-10-19
予想以上のクオリティでした。
AMOさんに頼んだ私が一番びっくりしました。納品されてチェックで見てた時、泣いてしまった(笑) [プロポーズをもう一度]
2016-10-19
夫が私に内緒でこんなサプライズをしてくれたこと、とっても嬉しかったです。たくさんの方に夫のことを褒めて頂き私も鼻が高いです。
 [プロポーズをもう一度]
2016-10-19
準備期間が短いにも関わらず素晴らしい作品に仕上げていただき感謝してます。
 [プロポーズをもう一度]
2016-10-19
感動したと言っていただきました。本当に嬉しかった [プロポーズをもう一度]
もっと見る