準備不足でグタグタに

二次会幹事代行友人 失敗体験談

準備不足でグタグタに

私たちが結婚式をした時に、二次会の幹事は夫の学生時代の友人二人にお願いしました。私も会ったことがある人達だったのですが、一人はキビキビしたしっかりした人で、もう一人はサポート役というかおっとりとなごみ系の人です。キビキビした人は学生時代に生徒会長をしたこともあって、その時におっとりした人が同じ生徒会で書記だか会計だかで一緒にやっていたそうで、昔から良いコンビだったそうです。その二人にお願いするということで、特に私の方で幹事を立てない方が自由に動きやすいかなと思い二人だけにお願いすることにしました。二人ともそれで快諾してくれたので、安心してお願いしました。

でも、実は大きな問題があったのです。それは時期でした。私たちが結婚式を行ったのは8月で、自分たちの業種では閑散期というか、仕事が落ち着いている時期で、学生も夏休みだし、8月はみんなそれほど忙しくない時期なのかなというイメージもあって8月を選んだのですが、しっかりしている方の幹事の業種は7~8月は超繁忙期だったのです。忙しい時期と二次会がかぶるからと断ってくれても私たちは全然良かったのですが、人が好いので断れなかったようで、私たちもそれを知る由も有りませんでした。しかも、その人は常に自分が仕切る立場でいるので、もう一人の幹事にほとんど任せることなく「いいよ、自分がやっておくから」と何でも引き受けてしまう性格のようで、今回もまさにその気質が出ていました。私たちは結婚式の準備もありますし、彼らにお願いしていたら二次会は万全だろうと高を括っていた部分もあります。詳細を確認することなく、当日を迎えてしまいました。でも、招待客の調整はしっかりついていましたし、お店選びも料理コースの決定も余興のビンゴについても「こんな感じでやる」という報告を聞いていたので、きっちり準備されているのだと思っていました。

実際二次会が始まってみると、「ん?」ということの連続でした。来るはずの招待客が受付をしようとしたら自分の名前がないと言われたり、連絡を受けていた会費と違う額を請求されたり、中には違う会場名と地図が添付されていたという人もいました。名前が無いと言われた人の中には怒って帰ってしまった人もいたそうです。お店の人との連絡もうまくいっていなかったのか、飲み物が出てくるタイミングも妙に遅かったり、ビンゴを始めようとしたらお店から演出ありのデザートが配られたり、進行もぐだぐだでした。司会は元生徒会長の幹事さんがしていたのですが、進行が頭に入っていないようで、こちらもかなりぐだぐだで、ゲストたちも全く盛り上がっていませんでした。ビンゴのマシーンもお店にあるものを借りるといっていたのに、実はそのお店は貸出ていない(そもそもビンゴマシーンなんて置いていない)ということが直前にわかり、ビンゴも急きょ中止になりました。その代わりに準備した景品は新郎新婦とのじゃんけん大会ということになりましたが、人数がけっこう多かったのでこれまたぐだぐだで、全く盛り上がりませんでした。

どうも、元生徒会長が仕事に追われて二次会準備に手が回らず、全ての最終調整ができていなかったようです。サブの幹事はもう一人の人ありきというか、「やっとくよ」と言われたのを鵜呑みにして率先して動くことはなかったそうで、その結果がこのぐだぐだな二次会です。多分ですが、元生徒会長は仕事でもバリバリ働いている人なので、結婚式二次会の幹事や司会なんて片手間でできると自負していたのかなと思います。それで候補にしていた別のお店と情報が交錯したり、出欠の変更があった人の調整ができていなかったり、不備だらけで、本当に勘弁してよと思いました。

二次会幹事代行

シェア