結婚式の二次会の幹事を親友にお願いして大成功

二次会幹事代行友人 成功体験談

結婚式の二次会の幹事を親友にお願いして大成功

私は3年前に結婚をして、結婚式を挙げました。その時の二次会のことはとても思い出に残っていて、幹事をしてくれた友人には心から感謝しています。幹事をお願いしたのは私の親友と夫の親友の2人で、彼らはとても人柄が良く、アイデアを考えるスキルが高かった持こともあり、私たち夫婦はどうしても彼らに二次会を任せたいと考えていました。しかし幹事というのは想像以上に面倒な手間がかかる役割で、彼らは普段から仕事が忙しく、その上私たちの勝手で余計な面倒をかけてしまうことに心苦しさがありました。もしかしたら引き受けてくれないかもしれないと思いつつ、お願いをするために4人で食事をすることになりました。彼らはこの時が初対面で、正直なところ気が合うかどうか心配もありました。相性を確かめるという意味もある食事会で、私たちはとても緊張していたことをよく覚えています。しかし現実は私たちの心配は皆無で、彼らは初対面とは思えないほどすぐに意気投合していました。また引き受けてくれるかどうかの心配も不必要だったようで、2人ともすぐに快諾してくれてとても嬉しかったです。

2人を心から信頼していたので、私たちから希望を伝えるということはほとんどありませんでした。唯一お願いしたのは、二次会に参加してくれた人たちみんなが楽しめるような会にしたいということでした。2人が中心になって他の友人にも声を掛けてくれて、結婚式当日まではいろいろと準備が大変だったことと思います。しかし2人は自分たちのことより、私たちの結婚式の準備のことを心配してくれて気づかってくれました。本当に2人には感謝しています。

そして当日彼らが企画してくれたのは、私たち夫婦の良いところを友人たちがプレゼンテーション形式で対決するというものでした。新郎側と新婦側のそれぞれの友人たちが私たちの良いところをアピールし合い、どちらがより相手に相応しい人物かを競うという、私たちにとっては恥ずかしくもあり嬉しい企画を考えてくれました。友人たちのこのためにイラストを描いたりパソコンでプレゼンテーション用のデータを作成してくれたり、時間をかけて用意してくれたそうです。親友が私のことを、誰に紹介しても恥ずかしくない素敵な女性と表現してくれたことが忘れられず、今でもあの時のことを思い出すと涙が出そうになります。親友が私のことをそのように思っていてくれた気持ちを知って、私は幸せ者です。そして夫の親友は夫のことを、正義感にあふれた男の中の男と表現していました。私も夫の真っ直ぐな性格が大好きで、男らしいところに心を引かれました。夫と結婚することができて良かったと、心から実感することができました。

他には有志によるカラオケでの物真似大会があり、参加者は全員大笑いでした。夫の友人にとても物まねが上手な人がいて、まるで本人かのような美声で聞きほれてしまいました。そのような正統派の物真似あり、かなりデフォルメされたお笑いの要素が豊富な物真似あり、エンターテインメントとしての完成度が高くて感心させられました。この日のために十分な練習を積んでくれたそうで、忙しい中協力してくれた友人たちには頭が上がりません。

幹事を引き受けてくれた親友たちには、後日お礼のために再び食事会を開きました。そしてその時に2人から発表されたのは、今回の幹事がきっかけでお互いに好意を抱き、交際することになったという嬉しい報告でした。実は私たち夫婦もあの2人はお似合いだとずっと話してはいましたが、まさか本当に付き合うことになるとは驚きでそれ以上に幸せでした。現在も2人の交際は続いていて年内の結婚を考えているそうで、今から2人の結婚式が楽しみです。

二次会幹事代行

シェア