結婚式二次会の司会を業者にお願いしてよかった

二次会司会プロ 成功体験談

結婚式二次会の司会を業者にお願いしてよかった

結婚式の披露宴が終わると、大抵の場合はその次に二次会を行います。結婚式の式場の近くのホテルや飲食店、はたまたライブ会場などで行う人もいますが披露宴よりはかなりくだけた場です。ゲームをしたり、新郎新婦の思い出にまつわるクイズをしたり、いろんなコンテンツを進めながら行います。

結婚式の披露宴は結婚式場のスタッフが司会を行いますが、大抵の場合はプロの練習を積んできたベテランの司会者が多いです。披露宴は新郎新婦の親族や会社の上長も出席する公式の場ですので、アナウンサーに近いような司会者が好まれます。結婚式二次会の場合は、そういったことはなくどちらかというと場を盛り上げられるような楽しい司会が好まれます。多くの場合、新郎新婦どちらかの友達に依頼することがほとんどで、しゃべりが上手い人が指名されがちです。指名された人は結婚式二次会の前から少し連鎖したり、サプライズなども考えながら行う必要があります。しかし、やはりいざやってみると思っていたことと違うことが起こったり、テンションが違ったりうまく盛り上がらないこともあります。頼まれた友人は仕事をしながら、その日のことを考えて過ごす必要があるので少し大変です。やはり何十人も集まる場所なので、緊張もします。そんな時、素人の友達だとやはり落ち込んでしまいますし、依頼した新郎新婦も気を使ってしまうものです。それではせっかくのお祝いのシーンも勿体無いことになりますので、思い切って二次会も業者に司会をお願いするのが断然おすすめです。

このメリットとしては、やはり司会としてのプロなのでハプニングなどがあったとしてもそれもうまく盛り上げてくれます。また、緊張感もないので新郎新婦も安心して司会を気にせずに楽しむことが出来ます。司会と一口に言っても、タイプから選ぶことも可能です。とにかく明るくて面白い芸人タイプ、アナウンサーのようにきちんと進められるタイプ、経験を積んでいる熟練タイプなどもいます。そんな中から自分たちのしたい式のイメージに合わせて選べるので、司会でかなりイメージが近づけられます。ごはんやプレゼントも重要ではありますが、やはり二次会では一番重要なのさMCの力量だったりします。

また、二次会はお酒も入っていて笑いが起こりやすいシーンではありますが、新郎新婦の友達同士は友達ではないので気まずい空気になることもあります。業者の場合は場慣れしているので、大抵のことがあっても場を盛り上げられる力量があります。鉄板で笑いを取れるネタもありますし、お金を払って頼むので新郎新婦も進めたいように進められ、気を使う必要なくワガママを言えます。

逆にデメリットとしては、やはり費用が発生する点です。2.3時間の二次会で、だいたい費用の相場は2万円から5万円ぐらいです。あまり安いものではありませんが、司会を頼んだ友達には通常お礼で1万円か5000円ぐらい包むものなので、比べればそこまで高くないかもしれません。こういった業者は、インターネットなどで探せば簡単に見つかります。事前に打ち合わせをすることも可能なので、こだわりたい人にはありがたいですね。入れて欲しい話などもあらかじめ伝えておけるので、全て思い通りに進めてくれます。

さらに、二次会で来てくれる人に対してサプライズをしたり、何か特別なことをしたいという人はプロに依頼をしておいた方がリスクはありません。お祝いの場でドキドキするようなことはできるだけ避けたいですよね。結婚式も、二次会も一生に一度のことなのでパーフェクトにしたい、来てくれる人に楽しんでもらいたい、というような新郎新婦にはぜひおすすめします。

結婚式二次会司会派遣

シェア