ウェルカムボードの活用術!ゲストのおもてなしに一工夫

ウェルカムボードの活用術!ゲストのおもてなしに一工夫

結婚式当日、ロビーで華やかにゲストを出迎えるウェルカムボード。新しい門出を迎えるふたりを紹介し、招待客を会場へ誘う大切な存在です。 ふたりの思いをのせて作るウェルカムボード、式後も大切にしたいですね。 とはいえ、押し入れやクローゼットに押し込んでそのままはちょっと寂しいもの。ウェルカムボードの活用方法を考えてみましょう。

ウェルカムボードは新居に飾る

ウェルカムボードの活用方法として、最もメジャーなのは、新居に飾ることです。玄関や廊下に飾ると、新居への来客を歓迎する効果も得られます。 また、家族が集うリビングやダイニング、寝室に飾れば、目をやるたびにウェディングの素敵な思い出がよみがえりますね。 結婚式前、ウェルカムボードを制作する際に、はじめから新居に飾ることを前提にしておく方も多くいます。 あまり大型のものは飾りづらいことがあるので、サイズをおさえたり、卓上タイプのものにしたりという方法です。 ミラータイプのものにしておけば、ちょっとした鏡がわりに使うこともできますね。

メッセージタイプのウェルカムボードで思い出鮮やか

通常、ウェルカムボードといえば、ゲストへの歓迎の言葉と新郎新婦の名前や式の日取り、会場名などを記載したものになります。 これにひと工夫加えることで、新居に飾っても楽しく眺められるボードにすることができます。 それが、メッセージタイプのウェルカムボードです。 このタイプでは、会場で受付時にゲストに小さなシールやカードを渡し、式終了までにふたりへのお祝いメッセージを書いてもらいます。 これを準備された大きなボードに貼り込むことで、ふたりへのメッセージが詰まった感動のウェルカムボードになるのです。 葉っぱ型のシールやカードを貼り込んで緑に茂った木を作ったり、花型のシールやカードを貼り込んで、 お花畑を作ったりといったモチーフが多く使われています。

こんな素敵なウェルカムボードなら、後日新郎新婦はそれぞれのメッセージについて語り合ったり、当日の思い出話に花を咲かせたりできますね。

当日ゲストに「配れる」ウェルカムボードも

ウェルカムボードは複数の式を行っている会場ロビーなどで、混乱しがちなゲストを会場に導く役割があります。 この役割さえ果たせれば、その形状は「ボード」である必要もないのです。

近ごろでは、ウェルカムボードがわりに受付周辺に飾って、式後分解してゲストに配れる形の、いわゆる「ウェルカムオブジェ」も人気を集めています。 クッキーやキャンディなど、小型のスイーツなどを少量詰め合わせたプチギフトを、タワー型に積み重ねて作ったものが主流です。 トップに「Welcome」と新郎新婦の名前を記したカードを飾れるタイプが多いので、受付周辺に置いておくだけで、充分にゲストを導くことができます。 式後はひとつひとつ、お礼の言葉とともに招待客に配ってしまいます。ウェルカムボードとしての形は残りませんが、 ゲストの心に温かな記憶を残せるスタイルです。

いかがでしょうか?

お二人らしいウェルカムボードで、披露宴前のゲストの心を歓喜に満ち溢れさせ、お二人をより身近な存在にすることが できる演出が、ウェルカムボードの役割だと思います。

ゲストを精一杯もてなす心が、結婚式をより盛り上げることでしょう。

ウェルカムボード