六輝について

六輝について

結婚式を検討されているお二人でしたら、必ず耳にされたことがあるのがこの六輝(ろっき)でしょう。

大安だから良い!

仏滅だからダメ!

いえいえ、そんなことはございません。

今回は六輝についてご紹介いたします。

まず、六輝とは、こよみに記載されている、吉凶やその日の運勢をあらわすもので大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6種類のことをいいます。

本来は、六曜(ろくよう)の呼び名でしたが、明治時代に入り、現在の七曜(月・火・水などの曜日の総称)が利用されるようになり、それとの混同をさけるため六輝と呼ばれるようになりました。

では、それぞれの吉凶や意味を紹介いたします。

大安(たいあん)

一日を通して吉とされる日です。

「大いに安し」の意味をさしています。

万事に良いとされていますが、引っ越しや開店・結婚など、新しい事を始めることなどには特に良しとされています。

そのため、結婚式でも大変人気の日柄で、良い時期でしたら1年以上まえから希望の日にちが埋まってしまうことも…

六輝も考えて日取り選びを進めていらっしゃるお二人は、早々に式場へご連絡される方が良いと思います。

友引(ともびき)

午前中と午後は良しで、大安に次いで良い日とされていますが、正午のみ凶とされています。

凶事が友に(共に)引くとされており、葬儀では忌み避けられる日です。

ですが、「幸せを友に引く」という視点からは、結婚式では人気を呼ぶ日柄です。

本来は、何を行っても勝負のつかない日とされています。

先勝(さきがち・せんしょう)

午前中は吉、午後は凶とされる日です。

「先んずれば勝つ」とされ、急ぐことで良いとされています。

お祝い事も早いほうが良いという視点から、結婚式においては、大安・友引に次ぎ、人気の日柄です。

結婚式演出