席次表につけたマークでサプライズ

席次表につけたマークでサプライズ

披露宴中でのサプライズについて。私が友人の披露宴に出席した時の事。

彼女とはもう幼稚園からずっと一緒なので、ものすごーーく仲の良い友人のひとりでした。私はすでに結婚をしていて、結婚式もあげました。

わたしの挙式から2年後の友人の式。

わからない事だらけだからいろいろ教えて!!という友人に、任せて!!と言わんばかりに張り切って、いろいろと自分の知っている知識を教えたり、手伝える事があればなんでも言って!と私が張り切って言っていたので、じゃあ…ということで席札の印刷なども手伝いました。

やっとむかえた披露宴当日。

自分の時は緊張であたまがいっぱいでしたが、友人の挙式ともなると祝福の気持ち一心に、とても楽しみにしていました。

なんだか会場につきいざ席に座るとこっちまで緊張してしまうようなそわそわした気持ちになりましたが私が手伝った席札も問題なさそうで、とりあえず一安心。

司会の方が話している新郎新婦の話などに耳を傾けました。

そして入場。

ふたりが席につき、きれいなウェディングドレス姿を目の前に思わず涙目になってしまう私。

ほんとうに幼い頃から一緒だった友人の花嫁姿に、なんだか親のような気持ちです…。

そこで司会の方が話し始めます。

「みなさん、今一度席次表をご覧になってみてください。席次表の裏表紙に、赤いハートマークがついている方、いらっしゃいませんか?」という言葉に、会場中が一斉に席次表を見ます。

「ないね」という話声の中、私も席次表を確認してみると…なんと、赤いハートマークがありました…!

驚きのあまり、まわりをきょろきょろ見回していると新婦と目があいニコッと微笑んでいました。

これは抽選だったり、ランダムだったりというわけではなく私に指定してくれたのかなと思うと披露宴も始まって間もないのに、すでに泣きそうです…!

いまにも出そうな涙をこらえました。

「みなさん確認されましたね!のちほど新郎新婦からプレゼントがありますのでたのしみにしていてください」とのこと…。

そして披露宴は進み、テーブルラウンドの後プレゼントが新郎新婦から、2次会幹事をする新郎側友人と、私にそれぞれに手渡されました。

司会の方より紹介があり、私には古くからずっと親友で、披露宴準備も手伝ってもらったから~とのこと。

ありがとうとお礼を言われましたが、こちらこそありがとうという気持ちでちょっと涙がでました。

この「プレゼントを渡す人の席次表やどこかにマークを忍ばせて探してもらう」という演出、探すときに誰もがみんなわくわく感を味わえますし、あったらあったでとてもサプライズなので、とても良い演出だとおもいます。

感謝を伝えたい方がいる方は是非とりいれてみてはいかかでしょうか?

結婚式席次表