ハートがインパクトのあるおしゃれな招待状

ハートがインパクトのあるおしゃれな招待状

今まで何通か結婚式の招待状をもらったが、その中でも変わっていて記憶に残っているものがひとつある。

ハート型に切り抜かれた赤と白の厚紙が二枚重なっていて、その二枚を革製品やビニールを留めるような金具で留め、そして二枚のハート型の厚紙をひとつにまとめたもの。

表紙の赤には「Wedding Invitation」二枚目の白には招待状の本文が添えられていた。

それを透明な封筒にいれらえており、外見からもそのハートのカード型の招待状がよくみてとれる。

「Wedding Invitation」とも書いてあるし、なによりその赤色で大きなハートなので結婚式というのがよくわかった。

とはいえ今まで見たことがない形状には変わりないので驚いた。

そしてもう一点、手が込んでいると感じたのは、その透明な封筒。

どうやったのかはわからないが二層式になっていた。

紙に穴をあけてでたハート型に残った紙の方を集め、ハートのフレーク状のようなものを様々な色の用紙で作り、それを二層になった封筒の間に入れ込んでいたのだった。

封筒を傾ければそのハートフレークもシャカシャカと動きとっても楽しい。

そして、大きなハートと、色とりどりの小さなハートが集まった見た目がポップで可愛らしい。

しばらくその見た目に見入っていたのですっかり忘れていたが返信はがきが見当たらない。

もちろん、参加のつもりだったのだが返信できなければ意味がない…そう思い再度中身を確認すると、なんと返信はがきもハート型だった。

そんなはがきを見たことがなかったので少し驚いた。

手元にとっておきたいなと思ってしまったが我慢し参加の意思を記してポストに投函。

本当に届くのか?と思ったが、後日返事ありがとうの連絡がきた。

ウェディングとは、ゲストに対するサプライズも非常に重要なものだと思う。

決まった事をすることも悪くはないが、何度も参加している人にとっては「お決まり」と化してしまうので記憶に残らない。

記憶に残るものはわずかでも、今までの決まりきった何かを壊してくれたものだと思う。

招待状という始まりのアイテムが変わっていたことによりその挙式にとても興味が湧いた。

私も結婚する際はなにかサプライズの要素を、少しどこかにちりばめたいと考えている。

結婚式招待状