シアターチケットが招待状??

シアターチケットが招待状??

普通結婚式の招待状というと、白っぽい封筒に白っぽいカード式のものが入っていて、ゴールドやシルバーでお花や鳥のイラストがちりばめられているものが多いように思います。

友人が結婚するということで、私のところにも招待状が届きました。

確かに差出人は結婚する友人とそのパートナーなのですが、結婚式の招待状とは思えないような封筒が届いたのです。

落ち着いた中にもどこかポップさがある、そんな見た目の封筒です。

開けてみるとシアターのチケットが入っていました。

いえ、よく見るとシアターのチケット風の招待状だったのです。

チケットには友人の名前や結婚式の日取り、ドレスコードが書かれています。

返信用のはがきにもそのコンセプトがしっかりと施されており、彼女らしいなと感じたことを覚えています。

こんなにインパクトのある招待状は初めてです。

少し戸惑いながらも、友人の結婚式が一気に楽しみになったのは言うまでもありません。

結婚式にはこのチケットを持ってくるように、とも書いてありました。

裏面はゲストの名前や住所などを記載する欄があったので、しっかり記載して準備を整えておきました。

式当日、受付にこのチケットを出すと、シアターさながらミシン目で切り取り半券を返してくれます。

ここまで徹底しているとはただただ感心です。

もちろん結婚式の雰囲気もシアター風です。

高砂はステージ風にアレンジされており、バックには大きなスクリーンも用意されていました。

シアター好きな二人が考えた演出だそうです。

生演奏や歌など二人が好きなものでいっぱいの結婚式でした。

しばらくすると余興が始まりました。

余興では受付で返してもらった半券を使用するようです。

半券の裏にはメッセージが書かれたシールが貼ってあったのですが、これを剥がすように言われます。

剥がしてみるとその下には番号が書かれています。

この番号を使ってちょっとしたゲームが始まりました。

ただ招待状を出すだけでなく、シアターのチケット風にしたことにも驚き感心したのに、余興にまで使うことを考えたなんて本当に驚きでした。

招待状は送ってしまったらもうそのまま、という印象があったのですが、結婚式当日にもお楽しみとして使えるのはとても楽しかったです。

式も二人らしいオリジナルのものだったので、二人はもちろんゲストも心から楽しんで盛りあがった式でした。

招待状が手元に届いてから式が終わるまでこんなに楽しい式に参加できたのは初めてです。

結婚式招待状