プロフィールムービーのおすすめ特集 パロディー系プロフィールムービー厳選7つまとめ

パロディー系プロフィールムービー厳選7つまとめ

パロディー系プロフィールムービーって何?

元となる映画や番組などのネタを知っている事を前提に、それに似せて新たに作ったプロフィールムービーや、あえて下手に元ネタを真似したりしたプロフィールムービーのことを言います。結婚式ではムービーだけではなく余興などでも有名歌手のPVを真似して作ってみたりすることも多いです。

結婚式で笑い、驚き、感動、感謝などをゲストに感じてもらいたい時にパロディーのムービーを制作して披露宴や1.5次会、二次会などで上映することが多い傾向にあります。

何でパロディー系がプロフィールムービーいいの?

結婚式のプロフィールムービーをパロディーにすると、ゲストみんなが知っている映像が新郎新婦のふたり専用になっているので分かりやすいし、ゲストも興味を持って観てくれますね。

会場では「すごい!」「どうやって作ったの?」「こんな映像見たことない!」などゲストの反応はとても良いです。笑いも驚きも、そしてもちろんのこと感動や感謝も伝えられるプロフィールムービーになります。

2016年に流行っているパロディー系プロフィールムービーは?

それでは、実際に結婚式で使われているパロディー系のプロフィールムービーを見ていきましょう。

映画風でダイナミックな演出に!

定番ですがとても人気のある映像です。初めのロゴが出るシーンはとてもダイナミックな演出に出来上がっています。誰もが知っているド迫力なシーンを上映することでゲストからは、「こだわってるね!」「すごい、名前も二人になってる!」など驚きつつも、「ここまでやるか?」と笑っているゲストの顔が思い浮かびます。

さらにクリエイターのこだわりは、せっかく映画風なのであれば横にワイドで上映することで映画館さながらの雰囲気や世界観にすることができるのです。

みんな知っているアニメの世界

初めのイニシャルが出るシーンはとても良く出来ています。新郎新婦ふたりのイニシャルを使うことで、二人専用のパロディームービーになるでしょう。生い立ちシーンはおもちゃ箱をイメージしてデザインされているのでかわいらしく、ポップなイメージをゲストがもってくれると思います。

アニメーション好きにはたまらないパロディーになりますね。

SNS風パロディー

スマホで見ている時の縦スクロールの表現や演出、そして友人や両親がコメントしているように進んでいくストーリーは、ただ単にデザインだけのパロディーではなく、本格派も納得の作りになっていますね。

会場で見ているゲストからたくさん「いいね!」が集まるようなコメントや写真を用意しよう。

検索画面風パロディー

検索画面から、新郎や新婦の名前を検索すると、それに合った画像が出てきたり、文字がでてきたりとかなり巧妙な作りになっていますね。途中のシーンでは動画を検索できるデザインになっていたり、メールをうつ画面になったりと細部にもこだわりが見えますね。

また、検索枠に途中まで文字を入れると、関連語が出てくるシーンなども一見の価値ありです。

おとぎ話風パロディー

夢いっぱいのファンタジープロフィールムービーです。まるで夢の世界に新郎新婦の二人が入り込んだようなデザインになっています。この物語の主役はもちろん新郎と新婦。夢と冒険がたくさん詰まった愛の溢れるパロディーです。

テレビ番組風パロディー

テレビの番組のパロディーは流行り廃りはありますが、とても人気の高いパロディー系プロフィールムービーです。特に男と女の出会いがある番組は人気が高いですね。

ふたりの生い立ちシーンも明るくポップな感じで仕上がるのでとてもおすすめです。

ドキュメンタリー番組風パロディー

歴史を綴るドキュメンタリー番組のパロディーで二人の歴史を振り返っていくことで、歴史の重みを感じさせてくれるパロディームービーになります。

ナレーションも落ち着いた女性の声などを使えば、さらにクオリティーは上がり見ているゲストも感動してくれることでしょう

クリエイターのまとめ

パロディー系はとても人気の高いジャンルです。ただ流行も早いので、まだないムービーはクリエイターと相談しながらオリジナルで作っていく事も多いですね。

ただこのジャンルは一つだけ注意しなければいけない事があります。0からムービーを作り込んでいくのではなく、もう世の中に出ているものをそのまま動画部分を編集したり、アフレコ風として有名人やキャラクターを映像に出したりしてはいけません。完全に著作権法違反になってしまいます。

そこは注意が必要ですが、ちゃんと結婚式用に新たにパロディーとして0から作られた映像を選んでいきましょう。そして音楽に関しても注意が必要です。音楽も権利をしっかり取得して使わなければこれも同じように違法になってしまいますので、これも注意が必要です。

制作をお願いしたり、自分で作ったりする前に、制作業者に聞いてしまうのが一番早いですね。

皆さんもぜひ面白パロディーで結婚式プロフィールムービーを上映してみましょう。ゲストもきっと喜んでくれるはずです。

プロフィールムービー