プロフィールムービーのおすすめ特集 著作権がある音楽を結婚式プロフィールムービーで使うには?

最近では、結婚式のプロフィールムービーやオープニングムービー、エンディングムービーに好きな音楽を入れる場合が多くあります。プロフィールムービーの場合は通常ですと、新郎パート、新婦パート、二人パートと進んでいきます。それぞれのパートで思い入れがある音楽を使うことが、一般的な音楽の使い方ですね。

著作権がある音楽を結婚式プロフィールムービーで使うには?

そこで出てくるのが楽曲の著作権です。音楽を自由に使うことが出来てしまえば、CDやDVDの複製も許されてしまうということになってしまいます。

でも好きな音楽はやっぱり映像に入れたい! という要望から、ムービー制作会社や結婚式場で、権利を代行して取得するようになっているのが現状です。

楽曲の権利って?

楽曲の権利はとても複雑で分かりずらいのですが、簡単に説明すると、大きく分けて2つあります。

  1. 演奏利用
    購入したCDなどを結婚式場で再生する際の権利
  2. 複製利用
    プロフィールムービーなどに音楽を入れ込んで、新たなメディアのDVDなどに入れる為の権利

1は入場曲や歓談時に使う為に、結婚式場が権利を取得するものです。2に関しては、ムービーに音楽を入れる時に発生する権利です。今回は2の複製利用について話をしていきますね。

楽曲を利用するための条件って?

楽曲を利用するためには、CDを買って持っているということが前提になります。ですので、新郎新婦のお二人どちらかがそのCDを購入して持っている必要があります。

しかし、CDを購入するときに1つ注意が必要です。CDは新品であればもちろんオッケーです。じゃあ中古のCDは? というと中古のCDでもオッケーです。ただし、レンタルCDはだめなのです。また、レンタルCDショップが型落ちのCDを販売している場合がありますがこれもだめです。それと、iTunesなどオンラインストアで販売されている音楽を購入した場合もだめですので、注意してください。

また、制作をお願いするときはCDを郵送するの? と良く聞かれますが、その必要はありません。AMOの写真・コメント入力フォーム(ストーリーシート)に購入したCDのカタログ番号を入れてもらえれば、わざわざ郵送する必要はありません。

どの楽曲が利用できるの?

では、好きな音楽をプロフィールムービーに入れるには複製利用の権利をムービー制作会社に頼めばすべてやってくれるの? というと、そうではありません。

使える音楽は決まっており、結婚式での複製利用を権利者が承諾している曲のみに限られてきます。下にリンクがありますので、そこから好きな曲を検索してみてください。そのリストに含まれている音楽は、ムービー制作会社が利用するための手続きをISUM(アイサム)に行います。その際に、ムービー制作会社から権利者に楽曲使用料を支払います。その楽曲使用料に手数料+音楽編集料金を加えたものを、制作依頼をした新郎新婦にお支払いいただくことになります。

リストにないけどどうしても使いたい楽曲があるのだけど…

では、上のリストに入っていない音楽に関してはどうなるの?

リストにない楽曲はというと原則的には映像に入れることは出来ません。でも思い出の音楽だしどうしても使いたい! といった場合は、1つのやり方があります。

今回は前述したように、複製利用についてなので、ムービーが入ったDVDを無音で制作すれば問題はありません。そして、結婚式場での披露宴で、その無音のDVDと音楽CDの原盤を「いっせいのせ」で同時に再生を押せば、映像と音楽が組み合わさることになります。この方法でやれば、2の権利(複製利用)取得の金額もかかりません。
この時に1つだけ注意したいのが、プロフィールムービーなどをその音楽の尺と合わせて制作するようにすることです。例えば、新郎パートと新婦パートは、トータル5分20秒の楽曲を使いたいから、2つのパートを合わせて、5分20秒で作って下さい。と伝えてください、AMOでは無料で対応します。

最後に

色々と難しい話になってしまいましたが、現在の結婚式では著作権の問題が多くあります。ちょっと面倒だから著作権フリーの楽曲で良い!といった場合は前述してきた料金は一切かかってきません。最近では、著作権フリーの音楽もかなりクオリティーが高いです。AMOでも150曲を超える曲を用意しています。その中で「これだ!」と思うものがあれば、それを使うのも1つの手かもしれませんね。AMOでは著作権フリーの曲変更は無料でやっています。下のリンクから、色々と聞いてみてください。意外にも気に入る楽曲が入っているかも。

著作権フリーの音楽

プロフィールムービー