プロフィールムービーのおすすめ特集 プロフィールムービーやDVDを作成するコツ

プロフィールムービーやDVDを作成するコツ

披露宴の中盤、お二人が退席中に上映を予定している方が多い新郎新婦お二人の生い立ちや 馴れ初めを紹介するプロフィールムービーとかDVD。

どんなストーリーにしようか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、作成、もしくは依頼する上でのポイントを少し紹介したいと思います。

1.写真の枚数は、なるべく均等になるように

新郎様の写真ばかり、や新婦様の写真ばかりなど、 偏りがあるとゲストが見る際、「あれ?新婦の写真もうないの?」などの感想になりかねません。 たくさんの写真の中から、「コレ!」という写真を選ぶのはなかなかたやすいことではないかもしれませんが、 なるべく、お二人の写真の枚数には差がないほうがいいと思います。

2.自分が分かりやすく映っているものがベスト

幼少期の写真は現在の自分の面影はあるものの、ぱっと見「どれが新郎?」と思うものもあると思います。

そんなときに、正面を向いていないものだったり、人の影になっているものを選んでしまっては、 せっかくのシーンが残念な結果になってしまいます。でも「これしか幼稚園の写真がない!」

なんて場合もあると思いますが、そんなときはなるべく自分にフォーカスが当たるように加工したり、 ズームを当ててもらうなどの工夫が必要になってくると思います。 3.ゲストが映っている写真も盛り込む 

ゲストが見ている際、「あ!私も映っている!」と思えるように、 ゲストも一緒に写っている写真も盛り込むといいでしょう。

仲の良い友人や親しい親族などばかりが集まっている場ですので、そういった写真も多いと思います。 過去の思い出を自分ひとりの写真だけで紹介するのではなく、たくさんのゲストと一緒の写真も取り入れ、 ゲスト同士の話が盛り上がることも大事な演出だと思います。

いかがでしょうか。

どれもそう難しいことではないと思いますので、ぜひポイントを参考にして、 思い出深い素敵な写真をセレクトし、想いの詰まったプロフィールムービーの演出としてくださいね。 誰が見ても楽しい、そして思い出深い、プロフィールムービーを作成したいものです。

プロフィールムービー