ここぞと改まって、「感謝の気持ち」ってね

ここぞと改まって、「感謝の気持ち」ってね

ウェディングパーティーのラストを感動で彩るシーンとも言える、「花嫁感謝のお手紙の披露」のシーン。今からウェディングパーティーを予定されているご新婦たちは、準備の段階でプランナーさんから、「当日はお手紙をよろしくお願いしますね」と進められている方も多いと思います。

「ここぞと改まって、「感謝の気持ち」ってね…」と恥ずかしく思われている方もいらっしゃるでしょうし、「感動と寂しさで泣いてしまって読めないかも…」と不安に思っていらっしゃる方もいらっしゃると思います。

そんなご新婦様は、お手紙を音楽や写真に載せて作成したビデオ、「お手紙ロール」として上映されてみてはいかがでしょうか。

イメージしやすい動画としては、エンドロールが似ている映像ですね。

エンドロールのゲストの皆様のお名前部分が、ご自身のお手紙となるといったところでしょうか。

お手紙ロールの良いところは

  • 照れくさくてなかなか言えない、「ありがとう」を文字として伝えられる
  • 感動しすぎて「手紙を読めない」なんて心配は無用
  • 音楽で更に感動をそそれる
などがあると思います。

作成する場合も手作りでも可能ですし、プロに依頼することも可能でしょう。

デザインの構成やオーダー内容にもよると思いますが、写真が入れば更に感動をそそる演出になると思います。

お手紙ロールという呼び名でなくても、お手紙用のビデオを作成してくれる会社もたくさんあると思います。

そういったプロに頼む方法は、結婚式準備の時間のない中、プロにしか出来ないようなこった演出を盛り込んだ一枚に仕上げてもらえるので、効率も良いかもしれません。また、クオリティーの高い一枚に仕上がると思うと、恥ずかしい・寂しい気持ちの感謝のお手紙も上映も少し楽しみになるのではないでしょうか。

一生に一度の結婚式ですから、「恥ずかしいし、手紙はナシで!」とは言わず、今まで育てて下さったご両親や、たくさんケンカしたけど、大切なご兄弟・姉妹のみなさんへ、「ありがとう」の気持ちを伝えてくださいね。

短くても良いんです。

気持ちが大切だと思いますよ。

たとえ、「泣いちゃうから、手紙は読まないでね」と事前にご家族から言われていたとしても、けじめとして、一言だけでも「ありがとう」を伝えるというのは、素敵な演出になると思いますよ。

改まった手紙を披露する時間なんて、もうないかもしれません。

もちろん、お手紙ロールの前に、ご自身がマイクを持って、一言挨拶する。というのも良いと思いますし、手紙のBGMとしてこういった映像を使うというのも、更に感動を呼ぶ演出になると思います。

お手紙ロールを上映しても、直筆の手紙を添えるというのも良いですね。

誰でも、直筆の手紙をもらうのって嬉しいと思いますよ。

あなたらしいスタイルで、涙もみせつつ、感謝の気持ち溢れるエンディングを締めくくって下さいね。

花嫁の手紙ムービー