両親から花嫁への手紙

両親から花嫁への手紙

披露宴での終盤、定番とも言える花嫁からの手紙があります。

そこでちょっとしたサプライズが、友人の結婚式でありました。 普通、花嫁の手紙というのは両親に宛てたものになりますね。 けれどそこで両親から花嫁への、ちょっとしたサプライズ。

ご両親も手紙を用意されていたのです。 花嫁が手紙を読み終えたあと、司会の方が「実はここで、○○(新婦の名前)にもお手紙がございます」とサプライズ発言。

涙を我慢して読み終えた花嫁だったのに、お父さんが懐から手紙を出した瞬間に、もう目頭を抑えていました。

お父さんは優しい声で「○○、今日この日を迎えられたことを、大変喜ばしくも有り、また少し寂しくも有ります」 という出だし。

途中で母親もバトンタッチして、二人で娘へのメッセージを伝えられていました。

親の気持ちを伝えられる機会なんて、なかなかないですよね。

それをこんな風に、大事な日に大勢の前で伝えられるのは花嫁にとってもとても思い出深いものになったのではないでしょうか。

とても大切に育てられたんだろうなぁ、とほのぼのとしながらもうるっとしてしまいました。

読み終わられたあとは、その手紙を花嫁に渡されていました。 その頃には花嫁も泣くのを我慢せずに、ほぼ号泣。

きっと、結婚式も終わりに近づいているところでの両親からの思いがけないサプライズに、 緊張の糸がすべてほどけてしまったのではないでしょうか。

けれどそんな姿も、とても綺麗に見えました。

後日、その花嫁とお話する機会があり、感動したよ、と感想を伝えると「私もビックリしたよ。本当に全然知らなかった」 と言っていました。どうやらあの手紙は、ご両親が新郎から何かサプライズしませんか?と提案されてできたものだったのです。

新郎と新婦の両親は以前から仲が良く、そんなやりとりもスムーズにできたようです。

新郎が司会とこっそり打ち合わせて、新婦にはバレないように進めていたそうです。 何て素晴らしい新郎さんなんでしょうか。

普段はジョークばかりで面白い両親だったそうですが、あの時の温かいメッセージが本当の姿なんだろうなぁと思いました。

花嫁の手紙ムービー