亡き父からのサプライズエンディングムービー

亡き父からのサプライズエンディングムービー

私の父は、私が幼少のころから体の調子があまり良くなく、私が20歳を過ぎたころ、亡くなりました。

母はだいぶ前から分かっていたのかもしれません。

原因は、母と行った旅行先での事だそうです。

そんな辛い過去を家族全員で乗り越え、私に至っては去年結婚しました。

相手の方は、会社の後輩です。私の普段の生活は、結構ズボラで、面倒くさがりな方でありますが、仕事だけはしっかり真剣に取り組んでいました。そのギャップに魅力を感じたらしいです。

そんなこんなで結婚が決まり、私には父がもう他界してしまっているため、結納などすべて母が行ってくれました。

そして、父のお墓にきちんと彼女のことを報告し、結婚式場、招待状、料理など、いろいろ決める日々が続きました。思ったより決め事が多かったので、案外あっという間に結婚式当日になりました。

そこで、披露宴終盤で母からサプライズがありました。今思い出しても涙が零れそうになります。

厳密に言うと、母からではなく、亡き父からだったのです。それは生前、まだ多少元気な時に今日という日のためにあらかじめ録画しておいた結婚お祝いメッセージビデオでした。

母から結婚式が終わった後話を聞くと、父がいきなり「いつか結婚する息子のためにお祝いの言葉を残しておきたい。」と言ったそうです。

また、結婚する新婦にもこれから息子をよろしくと、言いたかったらしいのです。

このビデオには、父が自分の事より、私の事を考えていてくれていたことの感動と、もう1つ泣けてしまう事がありました。それは、そのビデオを撮っていたのが母ですが、その母の泣き声が入っていて、またそのせいで手が震えて、それを堪えようと必死にピントを合わせようとしている姿が分かる映像だったからです。

私はこんなに泣いたことはないというぐらい、この日は涙を流しました。結婚式場すべて感動に包まれていました。私も父と母に愛されていて様に、これから生まれてくる自分の子供にも、同じような愛を与えられるような父になりたい、と思いました。

エンディングムービー