weddingのラスト!プチギフトで送賓の時間

weddingのラスト!プチギフトで送賓の時間

プチギフト。

ウェディングパーティーのラスト、皆様をお見送りするシーンである送賓の時間。その際に皆様一人一人にお二人から何かプチプレゼントを渡そうと、ご準備されるかたは、ほぼ全組! というくらいプチギフトは大切なギフトのひとつになりましたね。

名前の通り、小さなアイテムではありますが何が喜ばれるのか、悩まれる方も多いところではないでしょうか。なぜなら、セレクトできる種類が多いから。

様々なデザインやパッケージのギフトがあるなかで、「これ!」と決めるのはなかなか難しいかもしれませんね。

そういった思いの方は、ゲストに「自分で決めていただく」スタイルをとってみてはいかがでしょうか。

その方法はというと…。

1.お菓子の詰め放題

幼い頃に「お菓子の詰め放題」を経験したことのあるかたもいらっしゃると思います。

その時、ワクワクしませんでしたか?

たくさんのお菓子を前に、「どれにしよう…」と思ったのではないでしょうか。

そのワクワクを皆さんにも味わって思い出してもらいましょう!

たくさんのお菓子をならべてあるテーブルを用意します。ちいさい袋を皆様にお渡しし、ゲストにお好きなものを袋に入れてもらうというスタイルです。

袋の渡しかたは、テーブルに設置し、ゲストにとってもらってもいいと思いますが、お二人からお渡しするのが丁寧かもしれませんね。

1.5次会や2次会などのご友人が多いパーティーならさらに盛り上がると思います。

ここでいうお菓子は、「個包装のもの」がいいかもしれません。購入などの準備も楽ですし、持ち帰る際にボロボロこぼれたりもしませんからね。

2.一人ひとつ、好きなものをとってもらう

例えば、「お風呂用品」など、品物をまず決めて、その品物を様々なデザインやパッケージで選び準備します。

お風呂用品であれば、せっけんやタオルの他にも入浴剤やボディーソープ、ボディークリームなどが思い浮かぶと思います。

そのアイテムを一人ひとつセレクトしてもらいましょう! 何かの景品のようで、楽しんでいただけると思いますよ。 特に入浴剤やボディーソープなどは香りも豊富ですし、女性はもらって嬉しいものだと思います。

いかがでしょうか。

プチギフトひとつとっても、様々な渡しかたがあります。

お二人のイメージされる送賓のシーンはどのようなものでしょうか。一人一人に品物を手渡すもよし、ゲストに選んでもらうもよし。お二人の感謝の気持ちを送る瞬間はどんな演出がいいのか、少し考えてみてくださいね。

プチギフト