新郎を探せ?!なサプライズ演出

新郎を探せ?!なサプライズ演出

「ウォーリーを探せ」という、昔流行った絵本がありましたよね。

その絵本はある街並みなどに人がたくさんいて、その中に紛れている「ウォーリー」という主人公を探す! というもの。

それにちなんで演出を考えたという友人の披露宴でのサプライズがおもしろいものでしたので、紹介したいと思います。

新郎新婦がお色直しで順番に退場。

そして再入場の際は一緒に入場する、というのが一般的な披露宴の流れになっていますが、そこで扉があき、スポットライトが当たった先には新婦の姿しかありませんでした!

ここで、司会者さんが、「新郎がいません!!どこへ行ってしまったんでしょう?!」と。

そこでざわつくゲスト勢。

きょろきょろとあたりを見渡す人も多いです。

続けて司会の方「新郎さまのエピソードをお聞きした際、新郎は幼少期、ウォーリーを探せに非常にはまっていたんだそうです。

そこでいま、新郎が会場のどこかにいます! みなさん、探してみてください!」と。

まさかの演出に、ゲストみんなが驚き、笑顔になっていました。

私自身も初めて見た演出だったので、驚き、思わずあたりを見回し新郎を探しました。

新郎は見事に会場に溶け込んでおり、なかなか見つかりません。

ゲスト席? ウェイター? いろいろな所を探しましたが、違いました。

じつはその会場、脇に厨房でシェフが料理を作っているところを見られるような、その部分だけ、窓のようにガラス張りになった作りになっていたのですが、その中で、なんとシェフに扮して料理をしていたのです!

私は比較的窓の近くの席でしたので、わかりそうだったのですが全く気が付きませんでした!

そこで正解発表があり、会場中がシェフの厨房に注目する中、なんと新郎扮するシェフが、手に持ったフライパンで、フランベの演出をしたのです!

フライパンからわっと炎が上がるのには思わずびっくり!

まさかの場所に新郎がいたことと、フランベの演出に、二度びっくりさせられました!

またここで司会の方からの説明によると、この日のために新郎はフランベの練習をしたのだとか。

そのエピソードに、会場中が笑いにあふれました。

その後新郎もしっかり着替えて再び高砂へ。

サプライズ感満載、そして新郎大活躍のたのしいサプライズでした!

新婦の友人だったため、新郎のことはあまり知りませんでしたが、帰りの見送りの際もその話題で新郎とも話せましたし、かなり記憶にものこりました。

厨房がない場合でも、ウェイターやどこかの席にまぎれたり、単純にどこかに隠れたり、そんな風に応用しても楽しい演出だと思いました!

結婚式演出