バルーンスパークの演出!

バルーンスパークの演出!

披露宴の会場を華やかに見せることのできる「バルーン」の演出。会場のコーディネートではウェルカムボード等が定番ですが、それだけではなく、ゲストを楽しませるバルーンの演出を披露宴に取り入れてみてはいかがでしょうか。その中でポピュラーな演出が「バルーンスパーク」です。ゲストのテーブルに設置してあるバルーンをスパーク(わる)してゲストのテーブルへごあいさつして回るという演出ですね。すでに検討されている方もいらっしゃると思います。そのバルーンスパーク、オーソドックスなものではつまらない!と思いませんか? オリジナルの演出の一例を紹介いたします。

1.ラッキーバルーン

スパークするバルーンの中に、ミニバルーンを入れておき、スパークした際ゲストにミニバルーンをキャッチしてもらいます。そのミニバルーンのカラーで当たりゲストを決定します。当たりの方には、プレゼントやスピーチなどの景品を用意しておきましょう。ゲスト全員に参加してもらえますので、ゲストも楽しめる演出になると思いますよ。

2.各テーブルごとの写真撮影のポーズを決める

バルーンの中にゲストと一緒に写真を撮影するときのポーズを示す用紙を事前に決めて用意しておきます。中から出てきたポーズで記念写真を撮影するという演出です。おなじみのハートや、お笑い芸人さんのポーズなどを取り入れてみると盛り上がると思いますよ。

3.結婚して必要じゃないものはスパークしちゃえ!

お二人がスパークする予定のゲストのテーブルに設置してあるバルーン本体に、ぞれぞれのテーブルで「結婚したら必要ない」と思うフレーズを記入してもらいます。たとえば、「ギャンブルをすること」や「夜遅くまで飲みに行くこと」などが一般的には、「結婚したら必要ない」ものとして想像できると思います。。ゲストが思う、お二人への家庭には不必要かなと思うことをスパークしてなくしていくわけです。テーブル代表のゲストに、「このテーブルの思うことは・・・」とコメントしてもらいましょう!ゲストも参加できる楽しい演出になると思いますよ。また、お子様ゲストがいれば、お二人が中座している際にお子様ゲストに各テーブルへ配ってもらうのも素敵な演出になりますね。もちろん、お二人がバルーンをもって入場するのも素敵なシャッターチャンスになると思います。

バルーンには様々なカラーがありますから、会場も一段と華やかになります。さらにゲストとも一緒に楽しむことのできる、バルーンスパークの演出に少しオリジナル要素も加え、楽しい演出を準備されてみてはいかがでしょうか。ただ、バルーンスパークはご想像の通り、少し大きな音がします。お子様ゲストがたくさんだったり、ご年配の方が多いなど、配慮が必要な場合もありますので、お二人でじっくり相談されてみてくださいね

結婚式演出