優しく幻想的なキャンドルの演出

優しく幻想的なキャンドルの演出

お色直しの際に各テーブルのゲストへご挨拶の際などに披露宴でよく登場する、「キャンドルの演出」。よく火がなかなかつかないように水で濡らしたりして新郎新婦を祝福しているゲストの方も見受けますが、多くの方は、二人がゲストの席のキャンドルに火を灯す、キャンドルサービスを想像されると思います。実は様々なキャンドルサービスやキャンドルを使用した演出があります。クリスマスのイメージには、キャンドルのサプライズや演出を使ったシーンが見かけられますが、ろうそくの火は、とても優しく幻想的なシーンを創り出します。そんな素敵なキャンドルの演出をご紹介いたします。

1.王道キャンドルサービス 

結婚式の王道といっても過言ではない、キャンドルサービス。トーチを持った新郎新婦が各テーブルに設置されているキャンドルに炎を点火していきます。炎には、「無償の愛」の意味があるので、その愛のおすそ分けをしていくわけですね。お二人が近くに来てくれることで、ゲストのテンションも上がりますし、多くの方に人気の素敵な演出です。

2.キャンドルリレー 

事前にゲスト一人一人にミニキャンドルを用意しておき、新郎新婦のもつキャンドルから、ゲストの持つミニキャンドルへと、炎をおすそ分けします。炎を受け取った方は、隣の方に炎をまわし、会場内の全員のゲストへとリレーして回してもらいます。会場中のゲストへ炎がリレーされたとき、真っ暗な会場の中、キャンドルの灯だけが輝く瞬間ができあがります。その一瞬は、とても幻想的できれいな瞬間になると思います。

3.キャンドルブロー

リレーしたキャンドルだけでなく、会場内のキャンドルをブロー(ふきけす)レセモニーも素敵な演出です。この「ふきけす」ことには、新郎新婦の愛を永遠に閉じ込めるという意味があります。キラキラ輝くキャンドルが一瞬にして暗くなるこの瞬間は、感動をそそるでしょう。

4.ミニキャンドルをゲストに点火してもらう 

メインキャンドルの周りには、メインキャンドルを引き立たせるように、ミニキャンドルがあるデザインのものもあったりします。そういったメインキャンドルの場合、お二人が中座して退席中の間にミニキャンドルの点火をゲストに依頼してみてはいかがでしょうか。ゲスト同士のお話の機会にもなりますし、ワイワイと点火を楽しんでいただけると思いますよ。

王道のキャンドルサービスもゲスト全員に参加していただける演出のキャンドルリレーも素敵なキャンドルの演出です。幸せの炎を使った演出を取り入れて、感動の瞬間をお写真にもゲストの心にも残してみてはいかがでしょうか。

結婚式演出