結婚式二次会幹事の悩みあれこれ

結婚式二次会幹事の悩みあれこれ

結婚式二次会の幹事をやることになったとき、新郎新婦の希望と参加者の意見で板ばさみになり、大変な思いをしました。

新郎新婦はゲストに十分に楽しんでほしいという気持ちがあるため、ある程度グレードの高い会場などを希望してきますが、ゲストからすれば結婚式のご祝儀や衣装代、ヘアメイク代などで既にかなりの支出があり、出来るだけ安い予算にしてほしいという希望があります。

そのため、まずは予算をはっきりさせるために結婚式二次会の招待状を出しましたが、結婚式や披露宴の場合と違って返事がかなり遅くなり、ぎりぎりまで正確な人数を把握することが出来ずに困りました。

最後には連絡網を使ったり、電話などで直接問い合わせて人数がようやく判明しましたが、会場選びでまた悩みました。

引き出物を抱えて遠くまで正装で移動するのは大変ですので、アクセスが良く、荷物を預かってもらえるサービスがあり、近くで時間つぶしができるなどのいくつかの条件を備えている会場を探し、問い合わせをしてみました。

どこの会場でも高めの金額を言われましたが、新郎新婦とも打ち合わせをしつつ、予算内で収まる範囲にすることができました。

余興やイベントで必要な機材の準備や食事、ドリンクなどの細かい相談もしましたが、既にこの時点で幹事の仕事が大変だということを身をもって実感しました。

結婚式二次会当日になってもやはり気を抜くことが出来ず、ゲストが迷わず到着することが出来たか、ドリンクや食事が十分に足りているか、余興が滞りなく進んでいるかなどの心配ばかりであちこち動き回りました。

新郎新婦へのプレゼントを確認したり、司会の進行をチェックしたりしていると、時間がすぎてもこなかったゲストが発覚したり、当日キャンセルの連絡があったりで、人数調整にも最後まで苦労しました。

会場側も、当日の人数変更は良くあることだったようである程度柔軟に対応して頂けましたが、もう少し余裕のある予算配分をしておけばよかったと悔やまれます。

次回幹事になったときには、予算ぎりぎりではなく、ある程度余裕を見た会費の設定をして、余ったときには帰り際に返金するといった方法も考慮すればよいかと考えています。

参加者全員と顔見知りというわけではありませんし、色々なことに気を配らなければならなかったため、予想以上に大変な作業でした。

お金のやり取りのことでもあり、こまめに打ち合わせできる数人で作業を分担すればよかったです。

二次会幹事代行