結婚式二次会の会場選びの心得

結婚式二次会の会場選びの心得

先日結婚式を挙げましたが、二次会の会場は自分たちで手配しました。二次会が終わってみて、その会場を選んで良かった点と反省点が出てきました。

結婚式の二次会は、挙式・披露宴と同様に、当日来てくれたゲストのみんなに、おもてなしをする場だと思い、参加者みんなに参加してよかったと思って頂けるようにと、会場を何件か候補に上げ、選びました。

まず、私たちの場合は、結婚式から通しで参加してくれる人と、二次会から参加してくれる人がちょうど半々でした。

会場からは、お店までバスが出ますが、お酒を飲んでいる人の事を考え、あまり移動時間がかからない所。

そして、二次会からの参加者もわかりやすく、なるべく駅から近いお店という条件で探すことにしました。

おしゃれな夜景の見えるお店があり、私はとても気に入っていたのですが、会場が狭く感じたのでやめました。

ここで感じたのは二次会メニューが準備されているお店のほうが良いという事です。

メニューもそうですが、お部屋の広さや、必要になってくるであろう会場装飾の小物など、お店によって差が出ました。

おおまかな人数や、当日の流れをお店の人に相談していても何度か会場として利用されているお店は、対応が安心できました。

自分たちも始めてだったので、なるべく不安要素は取り除き、お任せしたかったのです。

自分達の考えていた通り、会場のお店の場所へのアクセスの良さは参加して頂いたからも好評でした。

料理も程よい量で、私たち自身も不満はありませんでした。

逆にもっと気を使うべきだった点の1つは会費の価格です。

会費に関しては、料理にボリュームと普段あまり口にしないような食材をリクエストした事が響きました。

せっかくだからおいしいものを食べてもらい、おもてなししたいと思った結果ですが、この他に全員参加のゲームの小道具の購入費、景品を入れると、ご祝儀を辞退して頂かなければいけない金額になってしまいました。

あいにく、景品や小道具は結婚式の直前に購入になってしまったので、料理の変更もできずに、結局自分たちで負担しましたが、失敗したなと感じました。

おもてなしの気持ちを一番に考えたつもりでしたが、自分たちの気付かない角度から考えてみると、不足していた部分もありました。

これから幹事になる事があれば、もっと時間をかけ、今回の反省点を生かして新郎新婦にも、参加者の方にも喜んでもらえるような会場を選びたいと思います。

二次会会場