披露宴でのファーストバイトの意味とは?

披露宴でのファーストバイトの意味とは?

結婚式の見どころはたくさんありますが、その1つに披露宴での新郎新婦によるファーストバイトがあります。この時は参加者の写真の嵐に会う確率が高いですよね。ですがこのファーストバイトの行う意味って分かりますか?最近になって結婚式に定着してきましたが、昔はあまり日本では馴染みがなかったと思います。

ファーストバイトを日本語に訳すと初めてかじるという意味になります。その前のケーキ入刀は二人の初めての共同作業とされていますので、それと同じ意味合いなのかなと思ったら少しだけ違うのです。

ファーストバイトは切ったケーキを新郎新婦お互いに食べさせる行いですが、新郎が新婦に食べさせるときは、「これから一生食べ物には困らせないようにします」という意味があります。逆に新婦から新郎の時は「いつもおいしい食べ物を用意します」という意味があるのです。また、よく口いっぱいにケーキを含んで溢れている面白い光景を見たことがあるかもしれませんが、これにも意味があります。お互いにより上手に食べさせた方がこれからの夫婦生活の主導権を握ると言われています。新婦さんの方がきれいに食べさせているイメージがありますので、これは本当に合っているかもしれません。ちなみにですが、二次会などで同じような余興があった場合は「セカンドバイト」と言います。

このように意味を分かって見てみるとより結婚式が楽しくなりますので、これから式を挙げる方、出席する予定のある方、注目して見てみましょう。

結婚式演出