SAKURAウェディング

SAKURAウェディング

春は結婚式の人気シーズンのひとつですね。

そのため、春をイメージさせるようなアイテムは以外とたくさんあります。

なかでも多いのが桜モチーフのデザイン。

年間を通して人気のあるデザインでもあります。

日本人なら誰もが愛する「桜」。

特に4月に結婚式、披露宴を予定されているお二人は、この桜モチーフを取り入れたパーティーはいかがでしょうか。

演出をご紹介いたします。

人気のウェディングツリーを桜で

最近人気の演出、「ウェディングツリー」。

これを少しアレンジして、ツリーに指で葉っぱとして飾り付けてもらうのではなく、桜の花びらをはってもらうというのはいかがでしょうか。

花びらには、ゲストの名前も書いていただき、お二人の結婚を証人していただく皆様のお力で、満開の桜の木を作って頂きましょう。

素敵な演出ですし、思いで深い素敵なウェルカムボードになるとおもいますよ。

ペーパーアイテムを桜デザインに

ペーパーアイテムに桜モチーフを取り入れるのは、一番取り入れやすいアレンジかもしれませんね。

ただ、ここで注意が必要なことがあります。

それは招待状を出すタイミング。

4月に結婚式、披露宴を予定されている方の多くは、2月に招待状を出されると思います。

早い方ですと、1月投函という方もいらっしゃるかもしれません。

1月、2月といえば。まだまだ桜には遠い時期。

その点が気になる場合は、オーソドックスなものでもいいと思います。

その分、席次表やメニュー表などには桜モチーフを取り入れ、オリジナル感をアップさせましょう!

会場には桜の花をふんだんに使って

結婚式、披露宴では、様々な場所に装花が用いられ、華やかにその場を彩りますね。

その様々な場所には、もちろん、桜を取り入れましょう。

ご新婦さまの手元を輝かすブーケもその一つ。

ブーケに枝ものは取り入れないデザインの方が多く見かけますが、そこは思いきって桜の枝ごと取り入れたデザインも素敵だとおもいます。

テーブルの装花にも枝もの…というのも、雰囲気を出してくれるアイテムになると思いますよ。

ぜひお写真などを参考に、いろいろ思い浮かべてみてくださいね。

フローリストさんとの打ち合わせが可能な場合、そこでたくさんお話しするといいと思います。

さらなる良い案がうまれるのではないかと思いますよ。

また、ヘッドドレス(ヘア飾り)として桜を取り入れるのも素敵でしょう。

ワンポイントでもいいですし、花冠のデザインもかわいらしいですね。

ドレスを桜をイメージさせるようなやわらかいピンクのドレスにする…というのもいいと思いますよ。

いかがでしょうか。

春をイメージさせる桜。

日本だけでなく世界中でも愛されている、この桜を取り入れることで、桜の時期になるとお二人の結婚式のことを思い出してくれるかたも多いかもしれません。

お二人やゲストの皆様の笑顔か、満開の桜のようにキラキラと咲きますように。

そんな素敵な光景をイメージされて、準備には取りかかる…というのも、素敵な思い出になるのではないでしょうか。

お二人らしい温かい演出で皆様をおもてなしされてくださいね。

結婚式演出