SummerWedding演出紹介-その2

SummerWedding演出紹介-その2

今回は、SummerWeddingの演出紹介-その2として、夏らしさをゲストの皆様に感じていただきやすいアイテム、装花にポイントを置き、紹介したいと思います。

ゲストがパーティー会場に入り、まず目を奪われるのが会場のコーディネートでしょう。

装花は、このコーディネートのポイントになるほど大きな役割を担っています。

なんと言っても、視覚からの印象はやはり抜群ですからね!

そこで、夏をかんじさせる装花や夏らしいカラー、アレンジでテーブルを彩りゲストをお出迎えしましょう!

やっぱりひまわり!

夏の花と聞かれて、多くの方がイメージされるのが「ひまわり」ではないでしょうか??

太陽に向かい、力強く咲くひまわりの姿にエネルギーを感じる方も多いでしょう。

そんなエネルギーに溢れるひまわりをテーブルに飾り、元気いっぱいなイメージで皆様をお出迎えしましょう!

イエローカラーの会場は、明るい印象にもなりますし、大きく咲いたひまわりのように、ゲストの表情をパッと笑顔に誘うことまちがいなしです。

水や砂を見せることで涼しげなイメージを

花器にもこだわるのも素敵なアレンジのひとつです。

テーブル装花のアレンジと聞けば、お花のアレンジのようにとらえがちですが、花器にもぜひ注目を!

ガラスの器や、大きく口の開いた器などを使用し、中もゲストに見て頂けるようなデザインにされていてはいかがでしょうか。

そこでおすすめなのが、器に砂を入れること。

貝殻が入っても夏らしい雰囲気になりますね。

装花のイメージと少し違う…とお思いの方は、装花のデザインと一緒に、こういった「砂のこびん」などを一緒におき、コーディネートを楽しまれても素敵な演出になると思いますよ!

涼しげなカラーを

夏の涼しさを代表するカラーの「ブルー」。

このブルーは、サムシングフォーの伝説の中のひとつ、サムシングブルーでもありますので取り入れたいカラーでもありますね。

そんな素敵な意味合いのあるブルーのカラーのお花をアレンジに用いるのも素敵なコーディネートになりますね。

テーブルの装花を全てブルーにしなくても、ホワイトの装花の中に少しポイントでブルーを入れるだけでもOK!

少しだけポイントを入れるだけでもがらっと雰囲気は変わることと思います。

いかがでしょうか。

装花のアレンジ一つとっても、夏らしさを想像できるコーディネートはたくさんあります。

お二人のイメージやお決めになったドレス、もちろん一番大事とも言えるパーティー会場の雰囲気にマッチするような、そんな夏らしい装花でゲストを楽しく涼しくお出迎えされて下さいね。

このあともSummerweddingのおすすめ演出を紹介していきます。

ぜひ参考になさって下さいね。

結婚式演出