ヘッドドレスのデザイン-その2

ヘッドドレスのデザイン-その2

ヘッドドレスのデザイン-その1に続き、ジュエリーで人気のヘッドドレスを紹介したいと思います。 王道のヘッドドレスだけではなく、少し印象を換えたいというご新婦様方にはぴったりのデザインを紹介いたします。

ボンネ

ボンネとは、「女性用の縁のない小さな帽子」をさします。

楕円形で布で出来たタイプがオーソドックスなデザインですが最近では、ビーズや羽、パールなどの素材を装飾した大ぶりなデザインのものも増えてきています。

伝統的なクラシカルイメージのボンネは、女性ならではの気品や清楚さを演出してくれ、エレガントな印象もあたえてくれます。

また、セレクトされるボンネの大きさや、装着する位置によってもイメージは大きく変わるので、同じボンネでも、大きさや装着の位置をしっかり見極めることが大切です。

さらに、アップのヘアスタイルのアクセントにもなりますし、ウィッグと地毛との境目を隠してくれるというメリットもあります。

クラシカルな印象になる分、落ち着いたカラーのドレスや、オーソドックスなAラインのようなドレスに似合うヘッドドレスです。

ラリエット

昨今人気を集めているヘッドドレスの「ラリエット」。

本来は、ネックレスとして使用するアクセサリーなのですが、ヘアスタイルに編み込んで使用したり、二重に飾ったり、ペンダントトップを額にくるように巻き付けて装着するのも人気のアレンジの一つです。

テグスを使用し、ビーズをアレンジしたデザインから、皮製品やレース素材など、豊富なバリエーションがあります。

ダウンスタイルでも、アップスタイルでも様々なヘアスタイルに合わせることが可能で、手作りにチャレンジされる方もいらっしゃいます。

少し個性を出せるデザインでもあるので、どんなスタイルのドレスにも合わすことが出来るのが人気を集めている理由でしょう。

また、マリアベールを装着される場合に、おすすめしたいヘッドドレスです。

このほかにも、小さめの帽子を装着されたり、レースを装着されたり、クラシックにネットでお顔を少し隠されたり等、ヘッドドレスのアレンジも多様化してきました。

インターネットでも様々なデザインのものが流通していますし、貸衣装店でも多くのデザインを取りそろえていると思います。

また、ドレスならではのヘッドドレスが用意されており、トータルでコーディネートされているデザインもあったりなど、デザイナーのセンスが光るアイテムでもありますね。

今回は、ヘッドドレスの代表的なジュエリーアクセサリーを紹介いたしました。

このほかに、生花を使用するヘッドドレスも人気です。

ヘッドドレスのデザイン-その3では、生花でのヘッドドレスについて紹介したいとおもいます。

結婚式演出