お母様の服装のポイント

お母様の服装のポイント

結婚式や披露パーティーの際、ゲスト目線で気になるのが「服装」ではないでしょうか。

それは、お身内の方も同じでしょう。

お母さまのお召しになる服装は、多くの場合が留袖だと思いますが、中にはドレスを検討されている方もいらっしゃると思います。

今回は、お母さまの服装について、紹介したいと思います。

両家で、和装、洋装を統一する

まず大事なポイントは、「両家で統一する」ということ。

もちろん、それぞれお好きなものをお召し頂くことが一番だとは思いますが

洋装、和装がバラバラな場合、「まとまりがない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

これから密な関係となり、末長くお付き合いを深めていかれるご両家さまなので、ここはひとつ、ご両家で洋装、和装の統一をなさってみてはいかがでしょうか。

体調がすぐれないなど、何か特別な事情がある場合はこれに限りません。

一度お相手かたのお母さまともご相談されてみてくださいね。

レンタルされる場合は、少し華やかすぎる?くらいのデザインがちょうど良い

留袖のレンタルを希望されている場合、「これじゃ派手すぎるかしら?」くらいのデザインがちょうどよかったりします。

いくら派手といっても、ベースは黒地。

あまり柄がなさすぎると、お母さまなのか、お身内のおばさまなのか、わかりづらいというデメリットが出てきてしまいます。

また、ご両家のご親族みなさまでの集合写真を撮影される場合、お母さまはお座りになる場合がほとんど。

その際、留袖の裾の柄がはっきり出てきますので、少し派手すぎるくらいのほうが、華やかなお写真になるでしょう。

主役は花嫁だからと線を引かず、お母さまも登場のシーンはたくさんありますので、その点からもレンタル衣装選びをなさると良いと思います。

会場のスタイルに注意!

衣装を留袖とお決めになった場合は特に問題ありませんが、ドレスになさる場合は会場のスタイルにも注意が必要です。

ホテルや専門式場の場合、正礼装とされる、「留袖」か「ブラックのロングドレス」を着用することが一般的です。

レストランなどでカジュアルなパーティーの場合でしたら、「カラーのロングドレス」でも問題ないかと思います。

さらに、お昼間のパーティーでしたら、シックに控え目に…を基本としましょう。

夕方から夜にかけてのパーティーでしたら、肌の露出も問題ありませんが、そこは花婿、花嫁の母!

露出のかわりに、より華やかなアクセサリーやバックなどでスタイルをコーディネートされると良いと思いますよ。

事前に会場のスタイルや新郎新婦の意向、お相手かたのお母さまの希望、パーティーの時間帯もチェックし、ドレスや留袖選びを楽しまれてくださいね。

結婚式演出