サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは、ヨーロッパで古くからある言い伝えで、身に着けると幸せな結婚生活を送ることが出来ると言われています。

これはマザーグースの歌が由来とされています。

日本はそういう言い伝えや縁起担ぎのような風習を好みますので広まったのでしょう。

では具体的にサムシングフォーとはどのようなものなのでしょうか?

1つ目は「青いもの」サムシングブルーです。

青という色は幸せや信頼を表す色とされています。

幸せを呼ぶ青い鳥という言葉も、青色の効果を表しているものでしょう。

また、あの有名な聖母マリアのイメージカラーとされています。

その他に、新婦の貞操、純潔などの清いイメージを表す意味もこの青色にはあり、人の目につかない所に付けるべきとされています。

ヨーロッパの方でウェディングドレスのガーターベルトに青いリボンを付ける事が一般とされています。

2つ目は「新しいもの」サムシングニューです。

何か新しいものを身に着けこれからの新しい生活の門出を祝うという意味があります。

これはアクセサリーなどの小物や、ウェディングドレスなど、身に着けるものであればなんでもいいとされています。

3つ目は「古いもの」サムシングオールドです。

これは先祖から受け継がれたものを身に付ければ、幸せになるというものです。

先祖に見守られるという意味ではお守り的なものでしょう。

それが理由で、身に着けるものは母や祖母からのネックレスなどの小物が多いです。

最後の4つ目は「借り物」サムシングブロウです。

これはすでに幸せになっている知り合いから何かを借りて、その幸せのおすそ分けをしてもらうという意味になります。

これもハンカチであったり香水であったり何でも構いません。

これはすでに結婚している友人や兄弟などから借りるのがいいでしょう。

このサムシングフォーというおまじないを、結婚式の演出や余興などに取り入れれば、より充実した結婚式になると思いますので、頭に入れておくことをおススメします。

結婚式演出