プロフィールムービーのおすすめ特集 結婚式のプロフィールムービー制作にかかる費用は?

結婚式のプロフィールムービー制作にかかる費用は?

結婚式は、人生で一度しかないとても大切なイベントです。その結婚式を最高のものにしたいと思うのは自然なことでしょう。だからこそ、何から何までこだわりたくなってしまい、準備で疲れてしまう方も多くいらっしゃいます。そのこだわりたいポイントとして挙げられるのが、披露宴にて上映するムービーです。ムービーといっても、いくつかの種類があります。挙式の開始時に上映するオープニングムービー、終了時に上映するエンディングムービーなどです。これらは必ず必要な物ではありませんが、最近の結婚式では、ほとんどの方が取り入れているのが、新郎新婦のプロフィールムービーです。これを通して、二人の生い立ちや出会いが、出席して下さっているゲストの方に、分かりやすく伝えられるのです。

また新郎新婦がお色直しで席をはずしている間、進行が間延びしてしまわないように、このタイミングでプロフィールムービーを流す方も多くいらっしゃるようです。

では、このプロフィールムービーはどのように作られるのでしょうか。

まず一つの選択肢としては、自分自身で作成をする方法です。これは、有料あるいは無料のムービー作成ソフトを使用し、作成をすることが多いです。近年ではプロフィールムービー等を自作する人が増えたためか、インターネット上でダウンロードできるソフトが多くありますが、書店や家電量販店などにて購入してパソコンに取り込むものもあります。費用はソフトによって様々で、無料のものから三万円ほどするものまであります。もちろん無料のものは対応できる動作が限られるとは思いますが、費用と相談して決断するのも良いでしょう。しかしながら、ここまで自作をする場合について述べてきましたが、実際に行うとなると非常に時間がかかり、共働きのカップルの場合は苦労される方も多いです。ちなみに、ムービー作成が得意な友人や知人に依頼するというケースもあります。あるいはサプライズの一環として友人たちが作成してくれるということもあります。しかしながら、サプライズなら尚更、なかなかこのような大きな依頼事を自分たちから簡単にできるものではありませんよね。

そこで求められるのが、制作業者です。業者に制作を依頼することで、自分たちの負担を減らすことができますし、とても高いクオリティのプロフィールムービーを当日の結婚式にて流すことが可能になります。業者に制作してもらうには、自分たちの写真を複数枚選び、提出をする必要があります。業者によっては多めに写真を渡しておき、選んで制作をしてくれることもありますが、自分たちの結婚式ですから、使われる写真は自分でしっかりと選びたいものです。この写真を選ぶという作業は、自分で制作するにしても、業者に依頼するにしても、必ず通らなくてはならない段階であり、意外と時間と労力が必要になります。普段から昔の写真を整理している方は良いですが、そうでない方は引っ張り出してくるのにまず時間がかかります。そして、いざ選ぼうとすると懐かしくなり、ついつい手が止まり写真を眺めてしまうことでしょう。そういった状況も鑑みて、早めに取り掛かると良いです。

では実際に業者に依頼をするとして、気になるのは制作費用ですよね。ただでさえ、結婚式にかかる様々な費用でかなりの支出が予想されている中、プロフィールムービー制作は一体いくらかかるのでしょうか。なるべく費用をおさえたいという思いは皆さん共通しているはずですが、平均的に4万円から10万円ほどが相場であると考えられます。もちろん業者によってはもっと安くあるいは、もっと高くなることもありますが、それでも大きな金額になることは間違いないのです。しかしながら、制作業者が作成するプロフィールムービーは素人が作る物とは異なりますし、画面上の写真や文字の見やすさにも配慮して作成してくれることでしょう。

制作業者はどのように選ぶと良いのでしょうか。現在はインターネット等で検索をして業者を見つけることもできますが、結婚式場に制作をお願いすることも多くあります。結婚式場の専属あるいは契約スタッフによる制作となると、費用について知ることはたやすいことです。担当のウエディングプランナーの方との打ち合わせの中で教えてもらうことができますし、見積り書を出してもらうこともできます。よって、どのくらいの制作費用がかかるのかは明確ですし、改めて業者を探す必要もありません。しかし、こだわりがある方や、費用面で検討をしたい方などは、余裕があるならば、ご自身で制作業者を探されてみるのも良いでしょう。その際は、結婚式場にムービーの持ち込み料がかかるかどうかを、念のため確認しておくと良いです。

何にせよ、このプロフィールムービーは結婚式の披露宴において非常に大きな役割を果たします。生まれた頃の写真や幼少期の写真を使う方が多いので、新郎新婦それぞれのご両親にとっても、とても見応えのある感動的な時間となります。もちろん、実際の披露宴中には、参加をしてくださった主賓をはじめゲストの方に御礼を述べてまわることで忙しくしていおり、ムービーを見られないというご両親もいますが、後日落ち着いてから自宅などで、改めてプロフィールムービーを見たいという場合もあるでしょう。そして、それを結婚式の一つの思い出として手元に残しておきたいものです。なので、当日の披露宴にて再生する分だけではなく、それぞれの両親にプレゼントするために準備しておくのも良いでしょう。

また、多くの若いカップルは、結婚披露宴の後に友人たちを中心に招いて二次会を開催します。その際にも、新郎新婦が到着するまでの待機時間にゲストが暇を持て余してしまわないよう、プロフィールムービーを流しておくなど、活用されるケースが多くあります。また、二次会の途中にプログラムとして盛り込む方もいらっしゃいます。披露宴から引き続き参加しているゲストもいますが、そうでなく二次会から参加したゲストもいるので、改めて二人の生い立ちや出会いを知ってもらうために、上映しているのです。このように、

非常に重要なプロフィールムービーを制作依頼する上で、せっかく同じ金額を支払うのであれば、自分たちのイメージにぴったり合ったものにしたいですよね。その為には、制作依頼をする際に自分たちのイメージや、入れてもらいたい言葉などをしっかりと伝える必要があります。全体的な雰囲気やコンセプトなども含め、格安の業者でない限りは様々なバリエーションを持っているはずです。打ち合わせの際に自分たちから妥協せずにしっかりと要望を伝え、業者側が対応できる限りの最大限の制作をしてもらえるよう、熱意を伝えていきましょう。

ここまで述べてきたプロフィールムービーですが、自作をするにしても業者に制作してもらうにしても、これからずっと残るものになります。費用に関してはそれぞれのカップルの考え方があり、どこまでムービーに費用をあてられるのかは異なります。それでも、大切なものには変わりはありませんので、何年後も見返したくなるような、そんな素敵なものになると良いですね。いずれ子どもができ、その子どもがある程度大きくなったときに、見せてあげられるような永久保存版の、世界に一つしかない大切なムービーができることを、心から願っています。

プロフィールムービー