電車ごっこの演出!

電車ごっこの演出!

姉が先日結婚しました。

姉の結婚相手は某鉄道会社に勤めています。

現在は無事試験などにも合格し、無事列車の運転もするようになったとのことで、運転手さんになりたてのころには姉につれられ彼の運転する列車に乗りにいったこともありました。

それ以前にもよく実家に遊びにもきていたのでよく挨拶をしたりしており「やさしいお兄さん」といった印象でしたが、ぴしっとした制服をきて仕事をしている姿は爽やかで「格好いいお兄さん」な印象がより高くなりました。

そんなお姉ちゃんの彼ですが、お姉さんがふたりいて、甥っ子・姪っ子がいて、とてもにぎやかなんだそう。

姉が彼の家に遊びに行っては、甥っ子・姪っ子に会ったんだと撮ってきた写メをみせてくれるのですがとっても可愛いんです。

姪が3歳・甥が4歳。

まさにかわいい盛り。

もともと小さい子が大好きな私は写真をみるだけでも癒されましたが、実際会ってみたいな~なんて思っていました。

そんな中結婚がきまり、姉には悪いですが…甥っ子ちゃんと姪っ子ちゃんもくる!というのが一番楽しみでした。

姉はいつでも甥っ子たちに会えますが、妹である私がなかなか、姉の結婚相手の甥・姪に会う機会はありませんから。

そして挙式当日、やっと会えた甥っ子、姪っ子ちゃんたちに、ここぞとばかりに遊びにいきました。

お姉さんたちにはありがとうと感謝されるほど、もうそれだけで満足だったのですが、中座となり、新郎・新婦が退場。

そして再入場のタイミングとなり、新婦はカラードレスでしたが新郎はなんと仕事の制服である、車掌さんの格好で登場!

やはり制服を着るとびしっとしてかっこいいなあ、なんて思っていましたが司会の方のアナウンスで新郎の仕事について触れられ、何やら準備を始めるふたり。

なんとおおきな電車の絵が張り付けられた紐のようなものの中に2人で入り、新郎が前に。

「まもなく発車いたします」のお馴染みのアナウンスをする新郎に会場は大盛り上がり!

そこで各テーブルを回っていく演出だったのですが、新郎親族テーブルで甥っ子ちゃんたちがその電車に乗車! やばい! 楽しそう! と思った私は自分たちの新婦テーブルに来たときすかさず名乗りでて乗車!

一緒に各テーブルをまわり、ほかにも新郎会社の同僚の方などが参加し、大盛り上がりで「テーブルラウンド」の演出は終了。

今までに見たことのない演出、そして二人らしく、会場も巻き込んだとっても楽しい時間でした。

私的にも思い切って名乗り出たおかげで姪っ子ちゃんたちとも触れ合えとっても満足で、お祝いに来たはずなのに、気が付けば目いっぱい楽しんでいて、おめでとうと一緒に「ありがとうお姉ちゃんたのしかった!」と伝えました。

結婚式演出