お金の精算はどうするの?結婚式二次会幹事の悩み…

お金の精算はどうするの?結婚式二次会幹事の悩み…

知人の結婚式の二次会で、仲間内の男性が幹事を頼まれていました。

私も何かお手伝いできることがあればと思っていたのですが、子供が小さかったこともあり、受付を少し手伝うのみ。

ほとんど招かれたゲスト側の立場で楽しく過ごすことができたのですが、幹事を頼まれた男性と家族ぐるみで親しかったこともあり、ゲストとはいえ、私にとって舞台裏がよく見える二次会となりました。

二次会の悩みと言えばお金の精算ですが、今回の場合、新郎新婦から依頼された二次会だったので、ゲストから徴収したお金で会場代は新郎新婦に支払ってもらいました。

景品代は幹事が立て替えて、後日新郎新婦から貰いました。

予算管理はしっかりしていましたが、新郎新婦が「赤字分は自分達で払う」と言ってくれたので安心していたようです。

とは言っても大幅な赤字にするわけにもいかず、できれば赤字なしで済ませたいところなので、その点では気を遣っていました。

企画途中で、新郎新婦が見積もった人数より、実際の出席者が大幅に少なかったというハプニングがあり、苦労したようです。

急遽会場を少し小さめの所に変更し、不参加を表明している知人にも、なるべく参加してもらうよう新郎新婦に働きかけてもらい、乗り越えることができました。

二次会そのものの参加費が高めの設定だったら、参加者は増えなかったかも知れないと、今になって思います。

景品は数を少なめに、貰って嬉しい高価なものを揃えることにより、コストダウンを図りました。

男性が欲しい物と女性が欲しい物は違うので、偏らないよう意見を求められ、買い物のお手伝いはしました。

また、飾りなど、手作りできるところは全て手作りにして、安価に抑えました。

企画段階では赤字ゼロを実現することができたのですが、当日のキャンセルはどうにもならず、新郎新婦が少し負担することになってしまいましたが、何とか無事、精算することができました。

新郎新婦にとっては一生に一度のことなので、当日の料理や会場の立地、景品、出し物と、幹事は色々気を遣いますが、やはり最も気を遣うのがお金の精算です。

金銭的な面においては派手なことを企画しようとせず、堅実に新郎新婦と話し合って決めるべきだと思います。

あまり派手なことを企画して、会費が高くても人が集まりません。

幹事としては、サプライズに拘りたいところでもありますが、新郎新婦に内緒にすべき点と、オープンにすべき点をきっちり分けるべきです。

二次会幹事代行