二次会で感動のサプライズ演出、祝福のメッセージ

二次会で感動のサプライズ演出、祝福のメッセージ

去年私の友人が晴れて結婚しました。

小学生からの幼馴染でよく朝から晩まで遊んでいたことを今でも憶えています。

新婦さんとの出会いのきっかけは、勤めている会社の受付嬢という大変羨ましい出会いだったそうです。

新郎は性格的に積極的でいろんなことにめげずにプラス思考の精神の持ち主で、思った通り新郎の一目惚れだったそうです。

新婦さんの方は、最初は、ガンガン来る新郎に嫌気がさしていたらしいのですが、人間不思議なもので、ある時期から来てくれるのが待ち遠しくなってしまったらしいです。

そんな出会いの2人の結婚式はとても感動するものでした。

昔から知っているだけに、新郎の生い立ちビデオには私が数多く出ていました。

それを見ていると、恥ずかしい思いと裏腹に、涙が流れました。

そんな感じで、式は滞りなく進んでいき、余興、両親への感謝の言葉など、感動するイベントが終わっていき、式は無事終了しました。

そして、私たち友人で行う二次会会場へ向かいました。

その後、予定よりも少し遅れて新郎新婦が登場し、二次会が始まりました。

まずは、みんなで2人の今後の事や、思い出話などを聞きだし、「お熱いねー。」などと冷やかしつつも、お祝いしました。

続いて、二次会恒例のビンゴゲーム、カラオケなど事は進んでいき、最後に私たちのサプライズプレゼントとなりました。

これの作成はかなり大変でした。

どういうものだったかというと、日本全域の方々からのお祝いメッセージというものでした。

北は北海道、南は沖縄の方々に新郎新婦に送ったお祝いの言葉をまとめて作成しました。

全国各地となると、不可能でしたが、方言のある地域という括りで友人たちと手分けして集めました。

ある人は、ネットを使い応募を掛けたり、遠くに住んでいる親戚に頼んでみたりなど、やり方は様々でしたが、2人の結婚を日本全国お祝いしている、というサプライズプレゼントを作りたかったのです。

その気持ちが伝わったのか、2人は感動して涙していました。

新郎は「宝物にする。」と言っていました。

こんな感動してくれて、自分たちもとてもやりきった感のある結婚式でした。

二次会演出