二次会で驚愕の逆サプライズ!

二次会で驚愕の逆サプライズ!

今まで色んな二次会に出席してきましたが、これは手間暇が掛かった壮大で笑える逆サプライズ演出でした。

始めに二次会場前のウエルカムボードを見て驚きました。

劇場、映画のポスターのようなボードです。

馬に跨り、刀を振りかざした某あばれん○将軍扮する新郎と某新○組の衣装を着た新郎友人達に囚われた姫扮する新婦のポスターでした。

そのポスターには開演19時30分~と書かれていました。

開演はポスターの予告通り、オープニングビデオの上映で二次会が始まりました。

ビデオの内容は某新○組一団対某あばれん○将軍が姫である新婦を助ける為の戦いです。

途中でビデオが止まりビデオが故障したのか?と会場がザワザワしだした所で、会場に登場したのです。

ビデオの中では合成で本物の馬に跨る新郎でしたが、馬に扮した友人に跨り登場です。

あばれん○将軍扮する新郎、そしてその後から新○組扮する友人一向と囚われている姫扮する新婦でした。

そこから学芸会のような生芝居が始まりました(笑)

そしてなんとか新郎が新婦を助けたところで生演技が終了し、ビデオが始まりなんと結婚式にも出席していたゲストの顔が合成で姿は女は町娘?男は侍姿?での登場です。

結婚式の時に一言ずつビデオに向かって「おめでとう」と手を振るシーンのビデオ撮影があったのですが、そのお祝いの言葉のビデオを合成して最後に二人を祝福しているシーンをゲストみんなが出演者として登場した所で、エンドロールでそのオープニングビデオは終了しました。

プロの演出や簡単な着物や安物のカツラだったので、決してキレイな画像とは言えませんでしたが、会場での笑いと驚きで盛り上がったサプライズ演出でした。

新郎友人の中に映像の制作会社に勤めている人が中心となって新○組や時代劇が好きな新郎さんの為に企画したビデオだそうです。

通常であれば、新郎新婦へのサプライズが一般的ですが、これは新郎新婦からゲストに向けて楽しんでもらおうと笑い一杯のサプライズ演出でした。

新郎新婦へのサプライズ企画

二次会での新郎新婦パネルクイズ企画です。

二次会の景品を一つ多めに用意してあり二人の正解の数に合わせて景品ランクが変わるというものでした。

全問正解で、温泉宿泊券、最低数正解で入浴剤でした。

クイズ内容は、始めて2人でデートした場所、付き合った記念日、思い出の場所など2人にまつわる内容でした。

全問新郎新婦が同じ答えで正解すれば宿泊券獲得となるのですが、1問でもハズレた場合はゲストの景品になってしまう仕組みでした。

最終的に残念ながらクイズでは温泉宿泊券獲得出来なかった新郎新婦ですが、クイズの最後にお互いへのビデオレターのサプライズがありました。

両親への感謝の手紙は結婚式でも一般的に行われるものですが、新郎から新婦へ、新婦から新郎への手紙は機会も無く普段なら照れて言えないような言葉でもビデオレターでしたので、照れながらお互いへの気持ちとこれから2人での生活への言葉などで締めくくられていました。

本来ならそこでパネルクイズは終わりだったのですが、またここで更なるサプライズです。

折角の温泉宿泊券、30秒間キスし続ける事が出来たら特別チャンスとして獲得出来るという仕組みでした。

結果、2人は獲得する事が出来ました。結婚式二次会ならではのサプライズ企画でした。

結婚式二次会でのサプライズや、サプライズ景品

二次会のイベントでビンゴやクジは鉄板ですが、景品の内容によって二次会の盛り上がりは左右されます。

そして豪華景品のパネルや目録があると尚更ゲームは盛り上がります。

ビンゴなどのゲームでは先に一等である景品から無くなってしまうので、始めだけが最高に盛り上がり、徐々にテンションも下がり気味になる事も多いですが、この時はビンゴが出た人から順番にクジを引いて景品を選決めていく形だったのです。

その為、1番先にビンゴで上がった人が残念賞であるお菓子詰め合わせセットだったり、最後の方でビンゴになった人が逆に松阪牛1kgと最後まで楽しめるイベントと景品でした。

結局、盛り上がる景品内容はブルーレイDVDレコーダー、かに引換券などでしたので最後まで盛り上がったサプライズでした。

また、それぞれが1,500円以上~2,000円以内のプレゼントを持ち寄りプレゼント交換するサプライズ景品企画がありました。

当日まで出席者全員が何も知らされずに、新郎新婦へのプレゼント用だと思い用意したギフトは受付で集められました。

そして、受付では番号の書いてある紙を渡されます。

その受付で渡された数字の書いてある紙がそれぞれに持ち寄ったプレゼントの引換券だったのです。

一般的には、ゲームなどで商品があたっても高価商品は多くて5名位で、後は当たっても残念賞位ですが、

これはゲーム景品とはまた別に参加者全員が配られた番号の商品が当たるというプレゼント交換会のような新郎新婦も加わってのサプライズでした。

他のゲームよりも盛り上がったイベント景品の一つです。

持ち寄った景品は男女混合でのプレゼントでしたので様々で、全ての中身はそれぞれが本人にしか分からない物だった為、全く使わないプレゼントが当たってしまったりと色々でしたが、開ける瞬間の楽しさやドキドキもイベントの醍醐味で楽しめるサプライズ景品でした。

また、自分の用意したプレゼントが誰に当たるのかと言う点でも童心に戻って楽しめたサプライズ企画でもあり、景品でもありました。

二次会演出