ゲストみんなの為の二次会

ゲストみんなの為の二次会

新郎新婦共に学生時代の友人の結婚式からの二次会に行った時の事です。

新郎と私は高校時代の同級生でクラスも部活も一緒でだったので苦楽を共にした男女を超えた親友です。新婦は短大生になった時の親友で優しく気の気配りが出来る活発な女性です。社会人になってからも二人とはよく会っていました。この頃はまだ新郎新婦はお互いにお互いの存在を知らない時期でした。その後新郎はカナダへワーキングホリデーに旅立ち2年後日本に帰国。

私は仲の良かった仲間を集め、帰国パーティーを開催しました。もちろん新婦にも声をかけていましたので二人はそこで初対面し、意気投合。

それから10年付き合って、晴れて結婚になったのです。いわば私が愛のキューピッドなのです。

結婚式も出席させてもらい幸せそうな二人を見て感動しました。二次会は少し離れた場所へ移動しなければいけないという事でみんなでどうするか話していました。お酒を飲むならバスかタクシーだよなぁ。と話していたら新郎新婦からメールで時間と集合場の連絡が来ました。二次会も自分達での仕切りで進行していくとの事でした。

指定時間に集合場所に行くと新郎新婦が自分達のワゴン車で迎えに来てくれていました。そう言えば新婦はお酒に口をつけているのを見てませんでした。私達を乗せると会場まで行き新郎を降ろすと新婦は車でどこかへ行こうとしたので「どこ行くの?」と聞くと「いいのいいの。帰ってくるから楽しんで。」と言ってどこかへ行きました。新郎は私達の為にお酒をたくさん用意してくれていました。「今日は楽しんでくれ。」と飲み始めました。

気付くとどんどん人が増えていましたが新婦の姿がずっと見当たりません。新郎に聞いてもわからないというので少し変だと思ってまわりの人に聞いてみると、「今新婦の車で連れてきてもらったけど、まだ来てない人を迎えに行ってるみたい。」との事でした。私は二次会には幹事がいて結婚式とは違うお祝いの会で新郎新婦は会場にいるのが当たり前だと思っていたのでびっくりしました。

新婦が到着して、新郎新婦から「今日は本当にありがとうございます。この二次会は僕達の感謝の気持ちです!」と聞いてなんだか感動しました。二人が10年間付き合って来て二人に関わった人達を呼んで自分達に出来ることは自分達の力でやるって素敵だなぁと思いました。新婦も「この二次会はみんなの為にやったの。」って言ってました。帰りもみんなの送迎までしていてびっくりしました。

二次会演出