莫大な時間とセンスを注ぎ込んだコマ撮りサプライズムービー

莫大な時間とセンスを注ぎ込んだコマ撮りサプライズムービー

今まで出席した結婚式の中でも一番印象に残っているのは、同僚の式の二次会で見たコマ撮りサプライズムービーです。

新郎が映像関係のお仕事をしているらしく、その関係者や友人たちからのサプライズで、センスのある充実した作品を楽しめました。

二次会に出席した誰もが印象に残っているのではないかと思うほどの出来で、見ているときに全く退屈しませんでした。

コマ撮りというものにあまり詳しくなかったのですが、他の人に聞くところによると、写真を一枚一枚撮ってそれを繋げて動画にしたらしく、かなりの期間をかけて作られた作品なのだそうです。

二人の出会いなどをまとめた数分の作品だったのですが、随所にぬいぐるみや花などを使って可愛らしく表現していて、結婚式の余興としてではなく、作品としてしっかりとした内容になっていました。

また、お祝いの動画ではなくあえて時間のかかるコマ撮り作品ということで、その作品を作るにあたって費やした時間や内容から、新郎新婦が如何に周囲に慕われているのかがわかって心が暖かくなりました。

新郎の関係者作ということで、新郎メインの内容かとおもいきや、しっかりと新婦のことも思いやられた内容で、二人の結婚を心から祝福していることがよくわかりました。

また、かなりの枚数の画像をつかっているらしく、すごくスムーズに動く作品になっていたので、それらを編集するのは非常に時間がかかったそうです。

なかでも、花を使っているシーンはたくさんの花を惜しみなく使っており彩りも鮮やかでとても印象に残っています。少しずつ花が増えていき、熊のぬいぐるみの新郎新婦を覆い隠して、花びらが舞った次の瞬間、その日の新郎新婦の服装になったぬいぐるみが登場したシーンでは、周囲から歓声が上がりました。

あとから聞いた話では、ぬいぐるみの着ていた服は新婦の親友たちが作ったそうで、そちらを着たぬいぐるみは撮影終了後に、新報新婦にプレゼントされたそうです。

新郎新婦の関係者が力を合わせて1つの作品を作っているとは思わなかったのであとから聞いて驚きました。

結婚式自体もとても楽しく、料理も美味しかったのですが、なによりもコマ撮りムービーが一番印象に残っています。

これだけ、時間や手間のかかった結婚式は初めてだったので、あとあと思い出しても、楽しく話題に上るようになりました。

周囲の祝福とセンスにあふれたとても印象に残る素晴らしい結婚式はそうそう経験できないと思います。

二次会演出