招待状作成でよくある疑問を事前にCHECK!AMO


シンプルでかわいい人気の招待状

キルト(ピンク)結婚式招待状

結婚式が近付くと、いよいよ招待するゲストへ結婚式招待状を作成して発送することになります。結婚式招待状はゲストに結婚を知らせるとともに、必要な情報を全て確実に連絡するために欠かせないものです。

最近は手作りのアットホームな結婚式が人気となっているため、結婚式招待状も自分たちで手作りする新郎新婦も増えてきます。自分たちで作る場合、文面の選定から宛名書き、ポストへの投函など様々な処理が必要になるので、基礎的な内容を知っておきましょう。


招待状の差出人名はどう決める?


結婚式招待状を作成する場合に悩む人が多いのが、差出人名を誰にするかという点です。結婚式のお知らせや挨拶文の最後に記載する差出人名は、その結婚式のホストが誰であるかを示す非常に重要なポイントです。

基本的には新郎新婦の名前を連名で記載するケースが多いのですが、それに加えて新郎新婦それぞれの親の名前も記載することがあります。親から結婚式の費用を援助してもらっていたり、結婚式を家族総出で取り仕切るような風習の地域では、このように親の名前まで記載することが多いです。そういった事情が無くても、親への感謝やゲストへの礼儀を目的として親の名前を記載することもあります。

新郎新婦が主体となって結婚式の内容を決めていたり、アットホームでカジュアルな雰囲気の結婚式を目指す場合は、親の名前は記載せずに自分たちの名前だけを差出人名にすると良いでしょう。差出人名についてはこうしなければならないというルールはありませんが、自分たちの意見だけでなく両親にも相談して決めるとトラブルを避けることができます。


招待状に貼る切手に選び方はある?


結婚式招待状は、必要な書類をまとめて封筒に入れ、ゲストへ郵送することになります。結婚式のゲストが近所に住んでいる人ばかりなら問題ないのですが、遠方に住んでいるゲストを招待する場合は当然ながら切手を貼らなければなりません。

中に入れる書類の重さによって必要な切手の金額も変わるので、できれば完成した結婚式招待状を持って郵便局へ行き、重さを計っていくら必要になるか確認しておくと良いでしょう。また、結婚式は非常におめでたい出来事であるため、その招待状に貼付する切手も一般的なデザインとは異なるものが用意されています。

幸せなイメージを醸し出す可愛らしいものや伝統的な慶事用のデザインなどの他、自分たちの顔や好きなものをプリントしたオリジナルな切手を作ることもできます。もちろん一般的なよく見るデザインのものでも構わないのですが、結婚式という非常に喜ばしいイベントであることを考えると、特別感を演出するためにも専用のデザインのものを選んだほうが良いでしょう。結婚式用の切手は複数のデザインがあるので、好みに応じて選んで構いません。


宛名書きはプロの筆耕or手書き…どっちがいい?


結婚式招待状が完成したら、封筒にゲストごとの名前を書かなければなりません。宛名書きをしないままの結婚式招待状を渡すなど言語道断のマナー違反となってしまうので、例え自分で手渡す場合でも必ず宛名書きをするようにしましょう。

結婚式招待状の作成を結婚式場や専門業者に依頼した場合、宛名書きもプロの筆耕担当者が全て綺麗に済ませてくれます。まるでパソコンで印字したように美しい字で手書きしてくれるので、ゲストへの礼儀もきちんと守り、受け取る側のゲストも不愉快な思いをすることはありません。一方、注意したいのは結婚式招待状を手作りする場合です。宛名書きだけプロに依頼することもできますが、中には自分で手書きしたいという新郎新婦もいるでしょう。

アットホームな結婚式を作り上げるなら手書きも良いのですが、あまりに字が汚いとせっかくの結婚式招待状の雰囲気が台無しになってしまうこともあります。ゲストも自分の宛名が汚く書かれていると決して良い気はしませんし、高齢のゲストや親族などは礼儀を知らないと怒ってしまう可能性もあるため、できればプロに依頼したほうが無難です。


招待状は投函する日が大安?到着日が大安?


結婚式を挙げる日を大安にしたいと考える新郎新婦は多いですが、結婚式招待状の投函にもマナーがあることをご存知でしょうか。一般的に、結婚式当日から遡ること2ヶ月前の大安の日に投函するのが良いとされており、実際に結婚式場の担当者からもそのようにアドバイスされることが多いです。

若い世代のゲストはそういった縁起を気にしない人も多いですが、職場の上司や親族などは結婚に関わることと言えば大安吉日という先入観が強いため、結婚式招待状の投函日までしっかりチェックしている人もいます。

ほとんどのゲストは投函日まで気にすることは無いので新郎新婦の都合に合わせて投函すれば良いのですが、中には気にする人もいることを覚えておきましょう。地域によっては到着日が大安になるように意識するところもありますが、招待状が何日でゲストの元へ届くかは事前に確定させられないため、到着日までは気にする必要はないでしょう。

もし招待状の作成が遅れて結婚式まで2ヶ月も残っていないという場合は、大安を待つより一日も早く投函することが大切です。


招待状の文面、どう決める?


結婚式招待状を作成する場合、まず決めるのは記載する文面です。どのような文面にするかでゲストへ与える印象も変わってきますし、どう決めれば良いか悩む人も多いでしょう。結婚式場に依頼して作成するなら、あらかじめ文面のテンプレートが何種類も用意されているので、その中から選べば良いでしょう。手作りする場合も同じように例文やテンプレートを使用すれば良いので、難しく考える必要はありません。ただ、結婚式の雰囲気やテーマなどとできるだけマッチした文面にするのがお勧めです。

格式あるホテルなどで挙式するのにカジュアルで楽しい内容では雰囲気が台無しになってしまいますし、アットホームで気軽な結婚式を目指しているのにガチガチの堅い内容ではゲストに余計なプレッシャーを与えてしまいます。大切なのは、自分たちの結婚式がどのような雰囲気かを考え、それに相応しい文面にすることです。

最近はインターネットなどで結婚式招待状の例文をいくらでも探すことができるので、まずはそれらを参考にしてみると良いでしょう。

可愛らしい天使のような男の子と女の子がモチーフの招待状

アベニール結婚式招待状

手作りする際の注意点は?


結婚式招待状を手作りする場合に最も注意すべき点は、時間に余裕を持って取り掛かるということです。結婚式が近付くにつれ、新郎新婦はやらなければならないことが非常に多くなります。まだ時間があるからいいやと招待状の作成を後回しにしていると、思わぬ手配に時間を取られて作成する時間がなかなか取れないという事態もあり得ます。

招待状はゲストをお招きする非常に大切な存在なので、万が一にも発送が遅れてしまうことなどあってはなりません。実際に手作りをすると、デザインや文面の決定から宛名書き、地図の作成に切手の購入と貼付などかなりの手間と時間が必要になります。のんびりしているとあっという間に時間が無くなってしまうので、できるだけ早くから取り掛かるようにしましょう。

また、文章やゲストの名前などに誤字脱字があるのも非常に失礼にあたります。せっかくお祝いに来てくれるゲストに不快な気持ちをさせるわけにはいかないので、新郎新婦二人で内容や氏名、住所などを慎重にチェックし、絶対に誤字脱字が無いようにしておきましょう。


ウェディングプランナーのまとめ


このように、結婚式招待状を作成する際には様々なポイントを抑えておく必要があります。新郎新婦が自分たちで作製する場合はかなり負担が大きいですが、その代わりやり遂げた時には達成感や思い出を得ることができますし、ゲストにも驚きと喜びを感じてもらえるでしょう。

ただ、発送が遅れるとゲストにも迷惑をかけてしまうため、スケジュールをしっかり立ててから作成することが大切です。一生に一度の結婚式に、手作りの招待状で更なる思い出を残していきましょう。


結婚式招待状

2017-08-16 13:40:28

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング