自作プロフィールムービーにはメリットがたくさん!AMO

結婚式で流すプロフィールムービーを自作で作るケースが増えています。自分たちのことを知ってほしいという狙いもあれば、お色直し中にプロフィールムービーを流すことで場をつなぐという狙いもあります。お色直し中であれば、本人たちはそれを見る必要はないため、その反応を見て恥ずかしがることもなく、ノロケたっぷりなプロフィールムービーを見てもらうことになります。

こうしたプロフィールムービーは業者にも発注できますが、自作によるメリット、その効果、さらにはデメリットなど細かなところまで、事前に知っておきたいところです。


業者依頼に比べるととにかく格安!


プロフィールムービーを自作するメリットは金銭面の問題です。業者に発注する場合、だいたい10万円程度かかります。安いものであれば数万円で用意することもできますが、自分たちで結婚資金などを工面する場合、少しでも削っておきたいのが本音です。自作でプロフィールムービーを作ってしまえば、格安で用意することができ、場合によってはほとんどお金をかけずに用意することができるため、大変お得です。

業者にプロフィールムービーを依頼する場合、基本料金は安くてもオプションで結構なお金がかかる場合があります。写真の追加やムービー、楽曲の使用、テロップなど様々なものにお金がかかってしまいます。一方、最近はパソコンに動画編集のソフトなどがあるため、写真の追加もムービーも、テロップも簡単にできるようになっており、あとはプロフィールムービーをいかに作るか、その段取りさえ学んでおけば、自分たちで作ることができるため、ソフト代だけかかるような形です。


自分たちのこだわりを詰め込める


結婚式で流すものだからこそ、こだわって作りたいのは業者にとってもカップルにとっても同じことです。そんな中、下手に業者に任せるのであれば、自分たちでやった方がよりよいものを格安で作ることができることから、自作するというケースは増えています。特に、こだわりを詰め込むことができるというのは非常に大きく、工夫を凝らしたプロフィールムービーに仕立て上げることが可能です。

出会いのなれ初めから結婚を意識した瞬間、別れの危機など様々な紆余曲折をプロフィールムービーに仕立てるために、そのために再現VTRのような形にして盛り上げるということも可能です。既存の写真をうまく組み合わせることもできますが、自分たちで構成を考え、足りないものは補っていくというやり方もできます。人に任せるとどうしても無難なもの、だれが見てもいいようなものにしてくれますが、自分たちの個性をぶつけたいという場合には自作であった方が何かと便利です。


写真の枚数・上映時間が無制限!


業者に依頼する場合、写真の枚数や上映時間が制限されていることがあります。その制限から超える枚数や上映時間ということになると、1枚につき追加料金がこれだけかかるというような形になり、思った以上の費用になることも考えられます。その点、自作の場合には写真の枚数も上映時間も自分たちの匙加減となるため、安心して製作することができます。特に紹介したい写真が多ければ多いほど、泣く泣くカットするようなことも防ぐことが可能です。

この際に気を付けておきたいのは上映時間に関してです。お色直しに流すような場合であれば、時間のかかるお色直しを検討するのであれば問題ありませんが、結婚式の間に流すようなものであれば間延びしてしまい、参列者が退屈してしまう恐れもあるためです。また、会場の都合で時間が決まっており、全部を流したかったのに泣く泣く取りやめるということになったら意味がありません。こだわりを詰め込みすぎず、多少シンプルに仕立てる程度がちょうどいいと言えます。

手作りの参考にもなるプロが制作したムービー

プロフィールムービーオシャレかわいいラブプロフィール

他にはない記念のオリジナルムービーができる


業者が製作するプロフィールムービーは細かな違いはあるにせよ、基本的には同じようなフォーマットで製作されるのが普通です。めったにないものの、この前参列した結婚式で見たのと似てると思われてしまえば、プロフィールムービーの中身よりそちらの方に神経が行ってしまうことも考えられます。自作であれば完全オリジナルであり、オマージュするものを丸々利用することをしない限りは、オリジナリティにあふれたものに自然となります。

また、最近ではパソコンがなくてもスマートフォンを使ってプロフィールムービーを自作することができる時代を迎えています。一部パソコンを利用するものの、スマートフォンで撮影した動画などを駆使して作っていけば、今までにはなかったようなものを作ることも可能です。結婚式場などで作ってもらうものはあまりにもシンプルすぎる割に値段が高いということがありますが、自分たちで作れば、値段をかけずにいいものが作れます。


二人で協力して作り上げた思い出が作れる


自作でプロフィールムービーを製作する場合、用意しなければならないものが色々とあります。DVDを焼く作業やパソコンでの操作、写真や動画の撮影、映像に関する知識、そして、制作期間など様々な要素が重なって作ることができます。彼氏がすべてに詳しければ問題はありませんが、お互いにそうした知識がない場合は協力しながら記念となるものを作っていかなくてはならず、いうならばすでに共同作業をしているようなものです。

苦労して作り上げたというのは思い出にもなるため、それを多くの人に見てもらい、人によっては笑い、一方で泣いている人もいるかもしれないことから、一生の思い出になることもあります。この間にはやり方がよくわからないという理由でケンカになることもあれば、動画を使う使わないという言い争いをすることもあるかもしれませんが、あくまでもいいものを作りたいためであり、そうしたものを含めて、いい思い出になっていくこととなります。


【デメリット】膨大な制作時間がかかることも…


唯一のデメリットとしては、プロフィールムービーを作るのに結構な時間、制作時間がかかるというものです。少なくても1カ月は必要であり、こんなものは1日でできるだろうと思っていると痛い目を見ることになります。すべてを自分たちの手でやる以上は相当な手間がかかることを覚悟しなければなりません。お互いに結婚式に向けた作業、仕事との両立というものをやっているため、プロフィールムービーだけに時間を割くわけにもいかないのが実情です。

DVDに焼く作業だけを業者にしてもらうというのも1つのやり方です。これだけなら、単に焼いてもらうだけであるため、費用もさほどかからず、それでいて余計な出費も、当然のことながらプロフィールムービーの中にも影響がありません。制作時間がかかってしまい、てんやわんやをしながら作るよりもある程度予定を立てて作っていくのが望ましく、1カ月以上は少なくてもかかるということを覚悟しなければなりません。


ウェディングプランナーのまとめ


プロフィールムービーを自分たちで作るというのは、自分たちの思い出となるだけでなく、結婚式に参列してくれた人たちに対し、自分たちの出会いについて、今後の抱負、そして、どれだけ幸せなのかというものを示すことができます。それでいて、自分たちが心の底から納得できるものを作り出すことができ、数万円の差はあれど、結婚式の費用を少しでも削ることができるため、まさに一石二鳥と言えます。

最近は技術も進化し、ソフトさえ買ってしまえば簡単に動画の編集などができ、音楽や字幕を挿入し、プロが作ったかのようなものに仕立てることは十分できます。あとは、平均的な上映時間や中身のバランス、実際に動画などを取り込むための方法などを学び、時間に余裕のあるタイミングで順次始めていって、場合によっては友達に見てもらいながら作るというのがおすすめです。


プロフィールムービー

2017-08-15 23:21:15

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング