みんなと一緒に完成させる世界にひとつだけのウェルカムボードを紹介AMO

ゲストみんなで楽しめるウェルカムボード

寄せ書きウェルカムボード

結婚式をする際にかかせないアイテムであるウェルカムボード。

ゲストをおもてなしする最初の場面であるため、個性的でおしゃれな印象に残るものにしたいと思う新郎新婦は少なくありません。

ウェルカムボードのアイディアやイメージは浮かべやすいですが、いざ準備を始めていくと大きさ、テーマ、素材、制作費などなどに躓く方は実は多くいらっしゃいます。

そこで最近では何らかの形で列席ゲストにも参加してもらう参加型ウェルカムボードが人気を集めています。

作り方次第で世界にひとつだけのオリジナルアイテムになりますし、ゲストが一緒に参加することで披露宴に一体感も生まれ素敵な思い出になります。

以下では参加型ウェルカムボードを少しご紹介しましょう。


<参加型のメリット>みんなに協力してもらうからお得に作れちゃう!


ウェルカムボードはプロに依頼する場合、約10,000~40,000円ほどが相場となっているようです。

前撮り写真や似顔絵、造花やプリザーブドフラワーなどで作られているものが定番となっています。

SNSなどを中心に結婚式DIYにハマる花嫁さんが増えている昨今では、手作りされる方も増えてきています。

手作りですと10,000円以下で作れることもあるようですが、コストを抑えてそれなりのものを作るのは実は至難の業です。

ウェルカムスペースは最初にゲストをおもてなしする場となるため、印象に残る素敵な演出をしたいものです。

そこで、コストを抑えつつ素敵な演出の一つとなるのが参加型ウェルカムボードです。

参加型の定番になるのがウェルカムツリーですが、用紙やペン、インクパッドなどを用意するだけで良いため10,000円以下でも十分に用意をすることができます。

ゲストも楽しめて、新郎新婦にとっても特別な思い出に残ること間違いなしです。


「寄せ書きウェルカムボード」の特徴と作り方


ゲストひとりひとりに新郎新婦に向けてメッセージを書いてもらうことで完成するのが、寄せ書きウェルカムボードです。

安価かつゲストも参加しやすいもので、直接書き込みをしてもらうタイプと、シールなどに書いてから貼ってもらうタイプの2種類があります。

寄せ書き用の台紙を用意するだけで準備完了です。

直接書き込みタイプは枠があらかじめ決まっているため美しく仕上がりますが、ゲスト全員に書き込みをしてもらうにはやや時間がかかるため少人数制の結婚式にオススメです。

シールタイプは書きやすいのが特徴で恥ずかしがり屋のゲストでも参加しやすいのが特徴的ですが、しっかり意図を説明しないと思い思いの場所にシールが貼られ全員分貼りきれないこともあるので注意が必要です。

直接言えない祝福の気持ちもこういった場面では素直に書けますし、新郎新婦にとってもゲストからの直筆メッセージ入りのウェルカムボードはかけがえのない思い出になるでしょう。


「ウェディングツリー」の特徴と作り方


参加型ウェルカムボードの定番といえばウェディングツリーです。

元々欧米の結婚式で芳名帳として使われていたウェディングツリーは、枝だけが描かれた木のイラストにゲストが指印と名前のサインを書くアイテムで、指印が木の葉っぱをとなりイラストが完成するようになります。

元のイラストを木の枝だけでなく似顔絵なども入れると、さらにオリジナリティがあります。

台紙とインクパッド、サイン用のペンを用意すれば良いため安価で準備することができます。

完成イメージなどが掲載された説明書を置いたり、指についたインクを拭き取るウェットティッシュを用意しましょう。

ウェットティッシュ用のゴミ箱も用意しておくとさらにベストです。

また、指印の代わりにスタンプを使うのも指が汚れず良いでしょう。

たくさんの方に書いてもらうため細めのペン、かつ挙式後もきれいな状態で保管するためには、時間が経過しても薄れない油性ペンを用意しておくことをおすすめします。


「メッセージパズルボード」の特徴と作り方


メッセージパズルボードとは、ピースにメッセージを書いてもらい、好きな場所にピースをはめてパズルをゲストの手で完成させていくという新感覚の参加型アイテムです。

パズルボードとペンを購入するだけで良いため非常に簡単です。

購入場所は通販サイトが主で、人気キャラクターのものやハートやクローバー型など様々な形のものがあります。

パズルを完成させる意味合いもあるため、参加意欲が高い若いゲストが多い披露宴を予定している新郎新婦におすすめです。

ゲストが多い場合はペンを多めに用意したり、受付の際にピースを渡す、ピースを複数に分けて箱に入れるなど、メッセージを書く順番待ちが発生しないように心配りをすると良いでしょう。

さらなるオリジナリティを求める方は、やや値段は上がりますが写真をパズルに加工するサービスを行っている業者もあるため、そちらを利用するとメッセージも入った世界にたったひとつの思い出を作ることができるでしょう。


「メモリーボード」の特徴と作り方


メモリーボードとは寄せ書きウェルカムボードとウェルカムツリーの良いとこ取りをしたもので、メッセージと名前を書いてもらったシールをボードに貼ってもらうことで1枚のイラストを完成させるものです。

イラストの一部としてシールを貼ってもらうため貼りきれないという心配もありませんし、汚れの心配をする必要もありません。

こちらも比較的安価に準備することができ、年齢を問わずゲストも参加しやすいものになります。

ネット通販などを中心に様々な種類のものが販売されていますが、元のイラストをオリジナルなものにすれば世界に1枚のオリジナルボードを作ることもできます。

ゲストが名前を書き忘れてしまったり、名前だけを書いてしまわないようわかりやすい説明書を用意したりゲスト数名に案内人をお願いしておくと良いでしょう。

元のイラストやシールによって個性が出しやすい参加型アイテムですし、完成後は新居のインテリアとしてもピッタリです。


注意!フォーマルな式では盛り上がらないかも


いくつかの参加型ウェルカムボードを紹介しましたが、どのような結婚式にも合うかどうかは難しい問題です。

近年では様々な結婚式スタイルがあることは浸透してきていますが、結婚式とはこういうものだ、という思いが強い世代には「みんなで一緒に作り上げる」というのは理解しにくいものかもしれません。

また、家柄や会社との付き合いなども大きく関わってくる場合はかえって盛り上がらないこともあります。

ゲスト人数が多過ぎる場合も難しいかもしれません。

参加型アイテムを取り入れる場合はゲストの年齢層や人数、関係性についてよく考慮する必要があるでしょう。

また、盛り上げてくれるような友人に事前にお願いをしておくことで参加漏れのゲストを減らすことができます。

参加型アイテムは作り方や準備は簡単ですが、当日盛り上げるためにはきめ細やかな心配りが必要であると肝に銘じてください。

新郎新婦はもちろん、ゲストみんなが楽しむためにはとても大切なポイントのひとつとなります。


ウェディングプランナーのまとめ


結婚式の準備はワクワク楽しいもの!と思いがちですが、仕事や日常生活に追われながらの準備は意外と大変なことが多いです。

準備を進めていくうちに、あれもやりたいこれもやりたいとアイディアが出てきすぎてパニックになってしまう新郎新婦も少なくありません。

一生に一度の結婚式、そして結婚式準備を楽しく素敵な思い出にするためには結婚式場やプロの業者、お友達にもお願いすることも必要です。

参加型のウェルカムスペースは準備に手間がかからないけれど、受付から挙式までの空いた時間をゲストに楽しんでもらえる演出のひとつです。

気付かなかった!というゲストがいないよう案内や声掛けなどの心配りを大切にし、素敵な思い出を作りましょう。


ウェルカムボード

2017-08-15 22:56:32

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング