席次表の肩書きには十分注意しようAMO


紙質から漂う高級感

席次表

結婚式において、ゲストが楽しみにしているものの一つに席次表が挙げられます。席次表はゲストへ自分の席を案内するという役割だけでなく、他にどんなゲストが招待されているのかを確認する意味でも大切な役割を果たしています。

結婚式当日に非常に重要な存在となるので、自分たちで席次表を作成する場合は内容にミスが無いように注意しておく必要があります。特にゲストの敬称や肩書についてはミスが許されないポイントとなるので、注意点などを確認しておきましょう。


席次表の肩書きの重要性


結婚式に招かれたゲストが、どのテーブルにどの順番で座れば良いのかを分かりやすく図解したものが席次表です。自分の座る位置や他のゲストなどについても知ることができ、結婚式をスムーズに始められたり、ゲスト同士で話を弾ませることもできます。

席次表には、その結婚式に出席している全てのゲストが記載されています。自分が知っている人はもちろん、ほとんど面識のない人なども招かれているため、あのテーブルに座っている人はどんな人なんだろうと気になる場合にも役立ちます。

一般的な結婚式の場合、席次表にはゲストの指名だけでなく肩書や敬称まで付けられていることがほとんどです。会社名や役職名を始めとして、新婦友人や新郎の伯父など、そのゲストごとに新郎新婦との関係性が分かるように記載されています。

結婚式は面識のないゲストが集まる場所でもあるので、新郎新婦とどのような関係なのか、どの人が親族なのかを知るためにも肩書は非常に重要だと言えます。これが無いとどんな立場の人なのか分からず、礼を欠いた対応をしてしまう可能性もあるため、できるだけ記載するようにしましょう。


主賓って誰?最も気をつかう肩書き


結婚式では、古くから主賓を招くことが一般的とされてきました。主賓とは、招待された数多くのゲストの中で最も重要で掻くの高い人のことを指します。

新郎側と新婦側それぞれ一人ずつ招待するのが普通で、他のゲストを代表する形で新郎新婦へ祝福のスピーチを行うことになります。主賓という意識が無くても、スピーチをお願いする人が主賓として見なされるため、スピーチを依頼する場合は慎重に人選を重ねるようにしましょう。基本的には招待したゲストの中で最も社会的な地位や役職が高い人が主賓とされることが多く、勤務先の上司や恩師などお世話になった方が選ばれることが多いです。

スピーチを頼まれるのは栄誉なことですが、スピーチはゲストにとって負担になることもあるので、結婚の報告と同時に主賓をお願いしたい旨をしっかり伝えるようにしましょう。直接会ってお願いするのが基本ですが、遠方に住んでいる場合などはメールではなく電話できちんと話すのがポイントです。地域によっては主賓をお願いした場合に、スピーチのお礼として1万円ほどお渡しすることがあります。


夏の結婚式合う

シエロ席次表

会社関係者の肩書きの書き方


ゲストの中でも最も席次表の表記に気を遣うのが、会社関係者の場合です。毎日顔を合わせている相手だからというだけでなく、上司などは記載内容を間違えていると心証を悪くしてしまうため、関係が悪化するなどトラブルに発展してしまう可能性もあります。このような事態を避けるためにも、会社関係者の肩書は慎重に内容を確認しておくようにしましょう。

基本的に、上司や同僚などの関係者の場合は企業名や部署名、役職名などを具体的に記載することになります。株式会社などは省略せず全てを記載するようにし、役職は特に間違いが無いよう正式な名称を確実に調べておく必要があります。

具体的に例を挙げてみると、社長を呼ぶ場合は会社名プラス代表取締役、もしくは取締役社長と記載します。直属の上司の場合、会社名と部署名を記載し、それに続けて部長や課長などの役職名を付けます。地域によっては、部署名や役職名を記載せずに新婦上司など大まかな表記に留めておくところもあります。会社の先輩や後輩の場合は、そのまま新婦先輩や新婦後輩、新婦会社同僚などと表記されます。


友人関係の肩書きの書き方


気心の知れた友達相手の場合は会社関係者ほど気を使って内容を確認する必要はなく、大まかに新婦友人という具合に済ませることが多いです。表記の仕方は新郎側と新婦側で統一することになるのですが、友人とだけ記載するよりもどういった場所で知り合ったのかを記載するとより関係性を推測しやすくなります。

例えば新婦大学友人や新婦高校友人、新郎高校先輩など様々な内容で記載することができます。他にも新婦幼馴染などと表記することもでき、他の友人とは一味違った特別感を演出することができるので当事者であるゲストに喜んでもらえるでしょう。ちなみに、後輩を招待する場合はそのまま後輩と表記してしまうのはマナー的に失礼に当たります。

この場合は敢えて後輩とするのではなく、新婦大学友人などと表記するようにしましょう。この関係性ではあまり肩書にこだわる人はいませんが、中にはあまり詳しく表記されることを嫌がるゲストもいるので、事前にどの程度まで記載して良いか本人に確認しておくとトラブルを未然に防ぐことができます。


お子さまの敬称は何歳から?


席次表の表記で亜頭を悩ませるポイントのひとつに、招待するお子さまの敬称が挙げられます。親族や家族ぐるみで仲の良いゲストに小さな子どもがいる場合、その子も一緒に結婚式に招待することがあります。通常、招待するゲストには様をつけて席次表に表記するのですが、子どもに様を付けるのは違和感があるため敬称を避けるケースが多いです。

このような場合は名前にくん、ちゃんを付けて表記するのですが、どの年齢まで敬称を省略するのかは判断が分かれるところです。新郎新婦の意向や地域性などにもよりますが、基本的には小学校を卒業したあたりから様付けを始めるケースが多いでしょう。

席次表は招待された全てのゲストが必ず目を通すものであり、特に小さな子どものゲストは珍しいので注目されがちです。様付けを避けることで、このテーブルにいるのは小さな子どもなんだと気づきやすくなりますし、同じテーブルのゲストに前もって知らせることもできるので役立つ面もあります。

どのように表記すべきか迷った場合は、結婚式場のスタッフや親であるゲストと相談するようにしましょう。


席次表の家族・親戚の敬称はどうする?


日本では、基本的に新郎新婦の家族や親族はゲストをおもてなしするホストとしての立場だと見なされます。このため、テーブルに着くゲストとは言っても名前の後に様付けすることはまずあり得ません。親戚の場合は悩ましいところですが、同居以外の親戚の場合はやはり敬意を表して様付けするケースが多いです。

肩書きについても、新婦親戚などざっくりとした表記に留めることもあれば、新婦叔母など血縁関係を具体的に表記することもあります。また、親戚の場合は会社勤めをしていても勤務先名や役職名など社会的な肩書を記載することはほとんどありません。ただ、非常に有名な人物であったり、誰もが知っている企業の役職に就いているような場合は、他のゲストへ知らせる意味も込めて表記するケースもあります。

いずれの場合も、どのように肩書きを付けるか本人とよく相談しておくようにしましょう。ちなみに、家族であっても既に結婚して別世帯となっている兄弟姉妹や祖父母に対しては、家族以外と見なして様付けを行うことが多いので注意しておきましょう。


ウェディングプランナーのまとめ


このように、席次表はゲストに対して様々な情報を提供する非常に重要なアイテムとなっています。結婚式の最初に配られるものであるため、内容にミスがあると結婚式の間中ゲストに不快な思いをさせてしまいます。

せっかくの晴れの日にトラブルの種を残さないようにするためにも、席次表は隅々までチェックにチェックを重ねて万全の態勢で準備するようにしましょう。自分たちで席次表を作る場合は特にミスが起きやすいので、何度も確認しておくことが大切です。

席次表

2017-08-15 22:47:49

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング