ゲストと作るウェルカムボード「ウェディングツリー」が人気AMO

ウェルカムボード作成は進んでいますか?結婚式の準備って何かと大変ですよね。招待状の準備や、席順、小物づくりや手紙の準備など、やることは目の前に山積みなんてことはないですか。その中でもウェルカムボードの準備って、頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。絵が得意だったり、手作りが趣味なんてカップルだと比較的苦労せず準備出来そうだけど、なかなか作ったりするのが苦手、なんてカップルも多いはず。

最近はネットでウェルカムボードをプロの方に頼んだり、フリマアプリなどで注文する方も増えていますが、やっぱりオリジナリティーが欲しい!ゲストとも一緒に楽しみたい!そんな方は「ウェディングツリー」のウェルカムボードはいかがですか?


ゲスト参加型「ウェディングツリー」って何?


ウェディングツリーウェルカムボード

「ウェディングツリー」とは枝が描かれたイラストに参列社が名前を書いたり、指にインクをつけて木の葉に見立ててペイントしていくものを一般的にそう呼びます。元々ウェディングツリーは、欧米諸国で参列したゲストの芳名帳の代わりの演出として人気があるものでした。日本で芳名帳というと、受付で白い台紙帳に名前を書いていくもののイメージが強いですが、名前のサインを押しもらった指印の上に書いてもらえれば出席確認もできるので、これなら参列する方も楽しみながら出来ますよね。

またゲストに指印を押してもらうことは、結婚の祝福と承認をもらうことも意味しています。その芳名帳代わりの演出が、日本ではウェルカムボードとして人気に火が着きました。確かに今までのウェルカムボードは参列者が気軽に参加できるものではなかったですよね。参列者の方と協力して作りあげるので式当日の思い出の品として、より思い入れが深くなるのではないでしょうか。


ウェディングツリーの魅力その1:ゲストと一緒に結婚式を作り上げられる


ウェディングツリーの最大の魅力は、参列した方と一緒にウェルカムボードを作れることにあります。今までのウェルカムボードで多かったのは、プロの方に似顔絵を描いて貰ったものや、新郎新婦二人の名前と結婚式の日付を入れたものを、基本的には新郎新婦側が式当日までに準備をして、ゲストは出来上がった状態のウェルカムボードに迎えられていました。

そんなウェルカムボードももちろん素敵ですが、一生に一度の結婚式なのですから、ウェルカムボードも参列者みんなと一緒になって作れればもっと素敵ですよね。一昔前の結婚式では、参列するお客様には手を煩わせずこちらで全て準備して完璧な状態でお迎えしていましたが、今はこうやってゲストとともに作り上げ、より思い出深い結婚式にしていくとこも魅力となってきました。その中でウェディングツリーは、気軽に参加でき参列者みんなからの祝福が、目にわかる形となるのでその場にいるみんなで幸せを共有できますね。


ウェディングツリーの魅力その2:ゲストが空き時間に楽しめる


挙式場には早めについて置きたいもの。もし何かトラブルがあって時間に遅れてしまったら、せっかくの挙式時間に間に合わず大変ですものね。ですが、すんなり会場に着いてしまうと式開始までに少し手持ち無沙汰になったりしますよね。そんな時もゲストが楽しめる工夫があると、より素敵な結婚式になりますよね。ウェディングツリーなら、そんなちょっとした空き時間も、楽しい時間に出来ちゃいますよ。

まず参列する方が会場に着いたらウェルカムボード作りに参加してもらいましょう。指印用のインクも何種類か用意すれば、何色にしようか、お友達や知り合い同士わくわくして楽しめますよね。次に指印を押す場所も、どこにしようかと悩むのも面白いですね。またゲストに指印の上に名前を書いてもらえれば、他の参列した方からも誰が来ているのかを一目で確認できるので、昔の知り合いやお友達を探すのに一役買ってくれるかもしれません。そんな空き時間も、式を盛り上げてくれるのが良いとことですよね。


ウェディングツリーの魅力その3:世界にひとつだけの記念品になる


一生に一度の結婚式。できることならずっと素敵な思い出として、その日のことを思い出したいですよね。当日の写真やDVD、大切なお友達からもらった手紙、両親からの暖かい言葉、全部大事で特別な記念品です。それでもなかなか参列したゲスト全員からの思い出の品というのは、なかなか難しいですね。

当日撮った全員写真ぐらいかもしれません。ウェディングツリーの魅力はそんな、参列した方全員の思いが詰まった記念品に出来るところにもあります。式当日にゲストとともに作り上げたウェルカムボードは、世界にたった一つしかない特別な記念品になること間違いありません。色とりどりの指印を見るたびに、来てくださった方々の顔を思い出して、楽しかったことや嬉しかったこと、大変だったこと、そしてあの日感じた感動をきっと思い出すことでしょう。世界に一つだけのウェルカムボードならきっと、結婚式が終わった後も、そして何十年経っても、2人の特別な記念品になることでしょう。


ウェディングツリーの魅力その4:新居のインテリアになる


結婚を機に2人で新しい住まいを探すカップルが大半ですよね。それまで実家住まいだったりすると、一から家電や家具を揃えていかないといけません。大変な面もたくさんありますが、インテリアを自分好みにカスタマイズ出来るので、楽しみな方も多いのではないでしょうか。特に結婚式後だと当日の思い出の品も飾っておきたいものです。

用意したウェルカムボードが小さければ棚に飾ったり、玄関に飾っても素敵ですよね。また少し大きなものなら、リビングの壁や寝室に飾っても部屋をあかるくしてくれます。また、新居に遊びに来てくれた方が、飾ってあるウェルカムボードを見て当日の話に花が咲いたり、来ていた他の方々のお話もできるかもしれません。また新居の他のインテリアに合うように、インクの色を統一したり、カラフルにするのも良いですよね。新居の目が着くところに飾っておけばいつでも2人で当日の話が出来て、いつまでも仲良くいられるかもしれませんね。


ウェディングツリー作成で準備しておくもの


ウェディングツリー作成に必要なものを紹介します。まずは元となる台紙を用意します。新郎新婦が描いたものでももちろん良いですし、ネットには無料でダウンロードできるものあります。またウェディング専門店にも色々な台紙が用意されているので、好みのものを選びましょう。次にゲスト用のインク台やペンを手配します。自分の考える演出に必要なものを探しましょう。

祝福の意味がある色を選んでも良いですね。それから指を拭く用のウェットティッシュも忘れずに。そしてウェディングツリーに参加する方法を書いた説明文も用意します。参列する方が迷わないようにするためですね。参列する方の年齢が幅広い場合は、分かりやすいものが好まれます。どのタイミングで参列者にお願いするかも話し合っておきます。

そして出来上がったウェルカムボードは額に入れて入口などに飾っておくと、よりみんなに見てもらいやすいですし、見た目も豪華になります。お気に入りの額縁も是非、用意もしておきましょう。


ウェディングプランナーのまとめ


いかがでしたか?ウェルカムボード作りって大変そうだと思っていたけど、意外と難しい技術も、特別な用意もなく出来そうですよね。絵を描いたりするのは苦手でも、これなら自分で簡単に揃えられますね。出来上がったら素敵なインテリアになるもの良いし、また来てくれた方々みんなが笑顔になる様に演出したいという希望もかなえらます。

みんなで作り上げたウェルカムボードなら、これから一生の思い出になること間違いないです。これからウェルカムボードの作成をしようとお考えのお二人は是非、ウェディングツリーにしてみませんか?きっとお二人の結婚式を何倍も素敵なものにしてくれ、何倍も素敵な思い出にしてくれること間違いないでしょう。


ウェルカムボード

2017-08-11 19:13:42

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング