海外の席次表がカワイイ!シーティングチャートでお出迎えAMO

席次表というと、どうせテーブルに各ゲストの座席を指定した表のようなものだからと結婚式場のプランナーさんから言われるがままになっていませんか?

実は、席次表にも工夫をすればとても個性的で印象的な演出をする事ができるのです。海外のウェディングパーティーで使われる席次表を見たことはあるでしょうか。シーティングチャートと呼ばれるとてもオシャレな演出なので、是非取り入れて2人だけにしかできない結婚披露パーティーを作り上げましょう。


そもそもの席次表の役割とは?


席次表はには実は色々な役割があります。まず第1にゲストの席を示すことです。これがなければ、ゲストはどの席に座って良いかわかりませんし、座る場所によって新郎新婦との関係や、ステータスが示されることもあるので、ご自由にどうぞというわけにはいきません。次に、席次表はゲストの紹介の役割をします。

本来ならば、大切なゲストですから一人一人新郎新婦の口からご紹介しなければなりませんが、時間も限られ、中々全てのゲストをご紹介することは難しい状況です。そこで、席次表に新郎新婦との関係も記載することで、どの様な関係の人なのかを紙面をもって紹介するという役割が席次表にはあります。

また、席次表を通して、新郎新婦がどんな人達と関係があるのか、どんなお仕事をしているのかをゲストに伝えることもできます。更にゲストの中にも、ゲスト同士挨拶しなければならない関係の人がいる可能性もあるため、どういった人達が招待されているかを知れることはとても助かります。また、見ず知らずの人と隣になった場合でも、隣の人がどの様な関係の人なのかがわかるので、お互い気まずい思いをしなくてもすみます。


海外の席次表「シーティングチャート」って一体何?


海外のウェディングパーティーには、実は席次表の様なものは配りません。代わりに、パーティー会場の入り口に、席を提示した一覧の様なものがおいてあり、それを見てゲストは自分の席に着きます。

ゲスト一人一人に渡すためにたくさん作る必要がなく、会場に一つあればいいので、とても手の込んだものを作ることもでき、とてもオシャレな入り口にすることができます。日本の席次表の様に、座席と座る位置をそのままそっくり図にしたものから、各テーブルに名前が付いており、座るテーブルの名前とそのテーブルにつくゲストの名前が一覧になって書かれているものもあります。

また、エスコートカードと言って、座るべきテーブルの名前が記されたカード付きのもあり、全体の案内板で場所を確認したら、そのカードを持ってテーブルへ向かうというものもあります。エスコートカードがあれば、どのテーブルにつくかど忘れしても安心です。シーティングチャートは名前のみですので、どの様な素性の人かはそれぞれがコミュニケーションを取る必要があります。


シーティングチャートのメリット|とにかく安い!


席次表ではなく、シーティングチャートを利用するメリットとしては、とにかく安い費用でできるということです。席次表を作成するのには、実はかなりの費用がかかります。結婚式場にお願いする場合は、1部あたり500円から800円ほど、自分で業者にお願いする場合も一部あたり300円から400円前後です。

自分で業者に頼む場合は、会場への郵送料や、会場に支払う持ち込み料もここにプラスされることもあります。手作りする場合は、台紙代は一部あたり200円代としても、印刷代、レイアウトを考える手間など様々考慮するとかなりの費用と労力を必要とします。

しかし、案内板形式にすれば、用意するものは一つでよいため、それなりにお金をかけたとしても、席次表を作るほどの金額はかかりません。

50人招待するとして、結婚式場で700円の席次表を作った場合、35000円かかりますが、シーティングチャートは、業者に依頼したとしても低く見積もって5000円くらいからありますので、3万円も浮けば新婚旅行でそれなりに良いお土産が買えてしまいます。


シーティングチャートのメリット|斬新でオシャレ感がある


安さ以外のメリットとして、とにかくオシャレ感が高まるという点です。席次表は、親戚や職場の上司などにも手に渡るもののため、どうしてもフォーマルなものになってしまいます。しかし、シーティングチャートの場合は、パーティー会場の入り口に置くだけなので、形式にこだわる必要はほとんどありません。

ウェルカムボードの様に、2人らしいウェルカムスペースを演出することができます。

また、ただ座席表を貼り付けるだけではなく、黒板のようなブラックボードを使ったデザインのものや、ガラス板に白インクで書くなどのデザインに多様性を持たせることができます。もちろん、完全に手作りでなくても、個性的なステキな案内板を作ることもできます。ウェディングアイテム専門の作成代行業者などには、使えそうな雛形や、アイディアがたくさん準備されていますので、業者に頼んでも、通常の席次表に比べてカラフルで楽しいデザインにすることが可能です。

また、日本にはあまり浸透していないものなので、斬新感もあり、みんなの心に残る演出になることに間違いありません。


シーティングチャートのメリット|少人数ウェディングにオススメ


ゲストの人数が少ない場合には、シーティングチャートのメリットは最大限に生かされます。案内板形式の場合は、ゲスト全員のお名前を一度に掲載するため、招待客の人数が多いと自分の場所を探すのが大変になります。

しかし、招待人数が少ない場合は、とても探しやすいのでストレスは何も感じません。また、招待人数が少ない場合、席次表も少しさみしい印象になってしまいますが、シーティングチャートであれば、台紙の大きさからこちらで選ぶことができるので、そういった心配をする必要がなくなります。更に、新郎と新婦で招待客の人数に差がある場合には、通常、招待客の人数のバランスをとる必要がある、もしくは、そのまま招待する場合は、ゲストへの印象を気にする必要があるかもしれません。

しかし、席次表でなければ、ゲストと新郎新婦との関係は明記しませんから、バランスが悪いというような印象をゲストに与えません。よって、少人数ウェディングの場合や、招待人数に新郎と新婦で差がある場合には、是非挑戦してみると良いです。


<注意>入り口の混雑・年配の方への配慮を忘れずに


しかしながら、シーティングチャートを利用する場合には、注意しなければならない点がいくつかあります。例えば、設置場所の混雑については事前に予想して、対策をする必要があります。ウェルカムスペースには、2人の写真やウェルカムボードなど、ゲストへの観覧用のアイテムがたくさん並ぶ可能性があります。それに加えて、それぞれの座るスペースが掲示してあるとなると、かなりの混雑が予想されます。

また、日本の伝統的なアイテムではないため、年配の方は戸惑ってしまう可能性があります。特に、オシャレだからというだけで、全て英文字などにした際には、全く読めずどこに座ったら良いかわからないという事も起こりうる事を想定しておきましょう。また、通常ならば席次表の肩書きを見ながら挨拶に回るお客様もいる事にも配慮し、そういったお客様からは名前だけの表示では分かりづらいといったクレームが出る場合もありますので注意が必要です。

シーティングチャートは、安い費用で、オシャレな演出ができるステキなアイディアではありますが、こういったデメリットもあるという事を理解し、対策した上で取り入れるようにしましょう。


ウェディングプランナーまとめ


シーティングチャートは日本では注目され始めたばかりのウェディングアイテムです。メリットはもちろん、デメリットもありますが、導入できれば、個性的でオシャレなウェディングパーティーを演出できることは間違いないアイテムの一つです。

注意しなければいけない事をよく吟味した上で取り入れられれば、ゲストにも印象的にのこるパーティーとなる事でしょう。結婚披露宴の準備はやらなければならないことがたくさんあり、大変ですが、こういった準備の段階から色々なアイディアに触れ、楽しみながら準備期間を過ごせると良いですね。


席次表

2017-08-08 15:39:59

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング