結婚式ビデオを撮影していなくて後悔したこと

私たち夫婦は結婚式を挙げたときにその映像を撮影していませんでした。私たちが式を挙げたアルタビスタガーデンのウェディングプランナーから提案されたプランには結婚式ビデオの撮影オプションも含まれていて、後日ブルーレイディスクに編集してもらえるということでしたが、出席者に写真が得意な叔父がいたため写真だけで充分だと考えていて、予算の上限に近づいていたこともあり結婚式ビデオの撮影はプランから外したのです。


結婚式に参加していない方に見せたかった


結婚式当日やその後しばらくは叔父さん撮影してくれた写真を見るだけで十分に満足していましたが、いくつかの出来事がきっかけで結婚式ビデオを撮影しておけば良かったと後悔しています。

結婚式に出席できなかった人や招待できなかった人からも式の様子を聞かせて欲しいと言われることがありますが、ビデオがないことを伝えると驚かれます。最近では結婚式ビデオを撮影することは当たり前になっていたのです。


祖父母にビデオを見せたかった

最初のきっかけは、結婚式に出席できなかった祖父母に写真を見せたときでした。祖父母は私の結婚を本当に喜んでくれて、写真を見ながら私が話す結婚式の様子を嬉しそうに聞いてくれるのです。

このとき、結婚式ビデオを撮影していれば式の様子をもっと具体的に伝えることができ、祖父母にももっと喜んでもらえたはずです。祖父母は居間に結婚式の写真を貼ってくれていますが、その写真を見る度に撮影しておけば良かったと後悔しています。


余興などの時に他のゲストの反応が見たかった


また、友人が結婚式を挙げるときに、私たち夫婦がどういった結婚式を挙げたかを聞かれたこともビデオがあればと思う出来事でした。私たちが挙げた結婚式では、披露宴でお互いが趣味としている音楽の演奏を行ったのです。

夫婦がキーボードを弾き、父がハーモニカを演奏するという余興があり、大きな拍手を頂くことができました。

しかし、そのときの実際の反応は写真では分かりません。私たちの感想は伝えられますが、余興を見ていた出席者の方の反応は分からないのです。

話を聞くにしてもそのためだけに連絡を取ることがはばかられて、写真を見せて段取りや様子を説明することしか出来ませんでした。他にもブーケトスならぬブロッコリートスなどを行っていたため、今になって振り返ると映像として残しておけば良かったと思っています。


子供のためにもビデオ撮影が必要

そして、子どもが生まれてからも後悔するようになりました。子どもが成長する様子をビデオに収めようと、ハンディカムを購入し撮影を続けています。

撮影した映像を見ると子どもの可愛らしさがより強調され、何度見ても飽きることはありません。もし結婚式ビデオを撮影していたら、その様子も客観的に見ることができたという後悔があるのです。

二人が結婚してから子どもが生まれ、そして成長する様子を全て映像として残しておけたら、私たち家族の宝物になったかと思うと結婚式でも撮影をしておけば良かったと考えることがあります。

子どもが成人し、結婚式を挙げるときにも私たちの結婚ビデオがあれば参考になるはずですが、残念ながら写真を見ながら記憶を辿って口頭で伝えることしか出来ません。

それ自体は親子の微笑ましい光景になりますが、そのときに子どもが求めているのは実質的なアドバイスであるはずなので、ビデオがあった方が良いのです。


結婚式のビデオ撮影はその時だけの特別なもの

結婚式は一生に一度のビッグイベントであり、その様子を周囲の人たちに伝えるときは結婚式ビデオがあると分かりやすく伝えられることに加え、年月が経ってからも当時のことを思い出して夫婦の絆が深くなるはずです。

自分たちはビデオがなくても良いと考えていましたが、後々のことを考えると多少予算をオーバーしても結婚式ビデオを撮影しておくことがおすすめです。お金は後で稼ぐことが出来ますが、結婚式を映像に残せる機会はそのときだけなのです。

結婚式ビデオ撮影!4つの特徴AMO

結婚式ビデオ撮影

結婚式場

アルタビスタガーデン

埼玉県

さいたま市

立場

新婦

結婚式ビデオ撮影

2017-07-31 14:50:15

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング