「私たち、結婚しました」結婚報告はがきの書き方AMO

大好きな人と結ばれて幸せいっぱいの結婚生活がはじまります。そんな人生の新しい門出を親しい人に知らせる時にどうしたら良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。特に親戚や上司など目上の方へは、新しい家族を築き独立した身としては、失礼が無いように結婚の報告をしたいものです。

そこで、結婚報告のマナーについてこれからご紹介します。少しのことに気をつけるだけで素敵な結婚報告になり、これからのお付き合いを円滑にしてくれます。


結婚はがきは必ず送るべき?


沢山の人に結婚の報告をする際には一斉送信ができて楽なこともあり、最近はメールやSNSなどで結婚報告を済ましてしまう場合もあります。SNSなどでのみ交流のある人や気兼ねしない友人ならば、それだけでも良いかもしれませんが、目上の方には失礼にあたるのできちんと結婚報告を送るべきでしょう。

結婚報告のはがきを送る理由は、ただ入籍を知らせるだけではありません。結婚に際して引っ越すことが多く新居のお知らせを兼ねています。また相手に自分の新しい家族を紹介することで、これからの長いお付き合いを改めてお願いするものです。そのため、お世話になっている方には日頃の感謝と新しく家庭を築く決意を示すためにもしっかり結婚報告をすることが大切です。

はがきを書く作業は大変かもしれませんが、最近では写真を載せたり、お洒落なデザインで作成できるサービスもありますので相手にあわせて何種類か作成してもらうのも良いでしょう。きちんと結婚報告をすることで、大人になった自分を見せられて相手にも良い印象を持ってもらえます。


挙式しない人は入籍報告はがきを出そう


結婚したとしても、挙式をしないでフォトウェディングや身内だけの食事会で済ませてしまう場合もあります。また結婚式はしたいけれど、様々な事情で時期が未定という人もいます。そのような場合は直接入籍を報告する場が無いので、入籍報告のはがきを出すことをおすすめします。

遠方に住む親戚の方などは、結婚式をしない場合には直接結婚の報告ができないこともあります。結婚という縁があり新たに親戚となったのですから、必ずはがきで入籍を報告しましょう。

また、結婚が仕事に影響することもあります。部署や勤務地を異動させてもらったり、会社によっては新婚旅行休暇の申請など便宜を図ってもらうこともあります。そのためお世話になっている上司にも挙式をしないことを伝えて、改めて入籍報告をしましょう。

フォトウェディングをした方は、ウェディングドレスや白無垢などを着た写真を使って入籍の報告をするのも、華やかで結婚報告にぴったりです。また2人が写っている写真を使用することはお互いの親戚に伴侶を紹介する意味でも良いと思います。


身内に不幸があった場合はどうする?


身内に不幸があった場合の結婚報告はがきの書き方は特に迷ってしまう点だと思います。

通常の場合、忌明けである49日が過ぎて落ち着いたタイミングで結婚の報告をすれば問題ありません。

ただし不幸が年末にあった場合は、年内に結婚報告を出すことは避けて、まず12月中旬ごろまでに喪中はがきを出します。喪中はがきは「喪中のために、失礼ですがめでたい新年の挨拶ができません」と言う意味を持つので、喪中と結婚の報告を一緒にすることは絶対にやめましょう。

そして年があけるのを待ち結婚の報告をするようにしましょう。この時、1月8日から2月4日の間に結婚報告を兼ねた寒中見舞いを出すことをおすすめします。

不幸が12月下旬に重なり年内に喪中はがきが出せない場合は、1月8日以降に年内に喪中の連絡ができなかったお詫びの文を添えて喪中のお知らせを出して、その後に少し日をずらして寒中見舞いとして結婚報告をするのが良いでしょう。また、1枚のはがきで慶次と弔事を報告することはマナー違反になりますので、必ず別で連絡するようにしましょう。


結婚報告はがきの送り先はどこまで?


いざ結婚の報告をするとなった時、送り先は誰にするべきなのかも迷うところです。親戚や親しい友人など、これからも長い付き合いをしていきたい人にはしっかりと報告しましょう。

結婚式をしている場合、式に参加してくれた方には既にお披露目は終わっているので報告する必要はありません。しかし、忙しい中でお祝いに駆けつけてくれた方々に感謝を込めて改めて結婚報告をすると丁寧な対応になりますし、新居の住所をお知らせする意味でも報告をおすすめします。この時、出席してくれたことに対する感謝の言葉を一言添えると良いでしょう。また、式に招待したものの都合がつかず参加できなかった方やお祝いをいただいた方にも報告を送るようにします。この他、会社の上司や同僚にも送りましょう。

一方で付き合いがほとんど無いような遠い親戚など疎遠な人に対してはかえって気を遣わせてしまう可能性もあるので注意が必要です。この他、親の友人や職場の方など親に関係する人達について報告を送る必要があるか、親に確認しておくとスムーズに報告の作業ができます。


結婚報告はがきの定番の文例・写真の選び方


実際に書き方の文例を見てみましょう。

例えば友人宛なら「私たちは何年何月に結婚しました。笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思っています。これからも二人をよろしくお願いします。」という文に「ぜひ新居に遊びにきてね」などと一言添えるだけでも親しみのある文章になります。

目上の方に対しては「拝啓 初夏の候(時候の挨拶) 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。さてこの度、私たちは何年何月に入籍いたしました。まだ未熟な二人ですが温かい家庭を築いていきたいと思っております。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。敬具」のようにきちんと報告しましょう。

また、フォトウェディングや前撮りなどで撮影した写真を載せることで二人の晴れの姿を見てもらえて素敵なはがきになります。結婚式に出席してくれた方には、一緒に写っている写真を選ぶのも良いでしょう。式をしていない人は、二人のツーショットなどでも問題ありません。自分達らしい家族の雰囲気をわかってもらえる写真を選びましょう。


年賀状・お見舞い状と合わせて報告もOK


通常、結婚報告は入籍後1ヶ月から2ヶ月以内にしますが、挙式などの写真を使いたい場合は、データが貰えるまでに2ヶ月程度かかることも多いためタイミングを逃してしまうこともあります。報告が遅くなってしまったからといってそのまま放置してしまうと、ますますタイミングを逃してしまい、報告できなかったなんてことになったら大変です。そんな時は暑中見舞いや寒中見舞いなど季節の挨拶にあわせて報告しても問題ありません。またお見舞い状で結婚を報告することで、便りに季節感を出せるので入籍の季節にこだわりがある場合にはぴったりです。加えて、堅苦しさを出さないで自然な感じで報告することもできるので、仲の良い友達などへ気軽に送りやすいというメリットもあります。特に年賀状だけのやり取りが何年も続いているような方には、改まって報告するよりも年賀状でさらっと報告する方が、先方に気を遣わせずに済むため、年賀状で報告した方が喜ばれると思います。

また、先述した通り、喪中の場合には寒中見舞いでの報告が望ましいです。


ウェディングプランナーまとめ


結婚報告を送る理由は、お世話になった方へ結婚したことを知らせるだけでなく、今後の末長いお付き合いをお願いするものです。

マナーを守った丁寧な結婚の報告は、受け取った側に良い印象を与えて今後のお付き合いにも良い影響をもたらしてくれるでしょう。結婚して新しい家族を築くことで、人との繋がりが増えて今まで以上に密な付き合いが増えていきます。素敵な結婚の知らせとともに、幸せな結婚生活をスタートさせてください。


結婚報告はがきに結婚式で撮った写真のムービーもつけよう

結婚報告年賀状&ムービー

結婚報告 友人

2017-07-18 17:53:09

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング