初めましての両親との会話を盛り上げる!結婚報告の話題ネタAMO

結婚報告の場面で初めて相手の両親に会うようなケースでは、何を話せばいいのかということに苦慮する人が少なくありません。下手なことを言って、相手の両親から嫌われるということになれば大変です。

そのため、会話に関しても細心の注意を払うことになります。どういう話題、話のネタを用意しておけばいいのか、この場合におけるタブーはなんなのかなどを知っておくことで無難に立ち回ることができ、印象を良くすることが可能です。


両親のプロフィール情報を交換しておくとスムーズ

結婚報告の前にやっておきたいこととして、双方の両親のプロフィールを事前に仕入れておくというものです。誕生日が同じであるとか、出身地が同じ、趣味が同じなど共通点を見出すことができ、そこを突破口に話を持っていくことができます。そのため、できるだけ詳しいプロフィールを結婚報告の前に仕入れておけば、会話に困ることも、話題に苦慮することもありません。

身なりを整えて挨拶に行きます

一方、両親の嫌がることなどを結婚報告の前に知っておくとそれについて対応することもできます。例えば、チャラチャラした人が苦手というのであれば、髪の毛を黒く、ちゃんと整えてスーツ姿で出向き、軽い口調で話をしないなどを心掛けることもできるようになります。出たとこ勝負ということになると、現場で対応をせねばならず、色々と失敗してしまうため、注意が必要です。

親への結婚報告は準備が大事です

できれば細かな情報を仕入れ、それに関してリサーチをしておけば、質問などをしていくことができます。ただでさえ、結婚報告は緊張しますが、それを紛らわすのは準備をしっかりと行い、それを実行することにあります。


二人のプロフィールを準備しよう

彼氏と彼女、それぞれのプロフィールを準備しておくことも結婚報告では大事です。例えば、彼女はこういう経歴であり、今はこの仕事をしているとか、彼氏はこういう資格を持っていて、役職はこんな感じであるなど、パーソナルな情報を集め、それを言えるようにすることで両親からの質問に対し、正確に答えていくことができます。慌ててしまうと、なぜかそうしたことが出てこなくなり、不安を感じさせるため、事前にまとめておくことが大切です。

実は相手の両親も不安なのです

結婚報告の場は両親も緊張をするため、それをほぐすことが求められます。その突破口となるのが自己紹介です。こういうことをしている、ああいうことをしている、趣味はこれですと言っていけば、最初に感じた不安も段々と解消されていきます。初対面なのは双方の両親も同じであるため、下手をすれば彼氏と彼女自身以上の緊張と不安を抱えているかもしれません。それをほぐすためには、情報をどんどん出していくことが必要です。

プロフィールといってもそんな難しいものではなく、当たり障りのないもので十分であり、そこまでこだわることもありません。


恥ずかしがらずに馴れ初めや好きなところも話そう

やはり気になるのはなぜ結婚するまでに至ったのかということです。そうなると、そもそもなぜ出会い、結婚したいと思うほど好きになったのか、その部分で知りたくなります。どうしても言いたくない、言えない事情があるという場合以外であれば、積極的に情報を出していくことが大切です。馴れ初めはもちろんのこと、好きなところはどこなのかなど、言える範囲のことはすべて言うと安心をしてくれるようになります。

ダミーのエピソードも大事です

出会いの中には、到底言えないようなシチュエーションもあり、辻褄を合わせておかなければならないことも出てきます。その場合に、人に馴れ初めを言う場合に用意してあるダミーのエピソードを語っておき、そういうことにしてしまうというのが大切です。そうしておかないと、後で真実が明らかになり、せっかく結婚を許してくれたのにそれが台無しになることも十分考えられるためです。

結婚報告をする場合、馴れ初め、好きなところを語ることは大事ですが、だからこそ細心の注意を払い、印象を良くするために事前にネタの打ち合わせをしておくことも必要になります。


政治・宗教・野球ネタはやっぱりタブー?

政治や宗教、野球に関する話はタブー視されており、これらの考え方が違うと途端に機嫌が悪くなるという人も少なくありません。一方、同じ趣味をしている場合には初対面であるにもかかわらず、すぐに打ち解けることができるなど、タブーだけではなく、むしろ武器になることもあります。とはいえ、政治や宗教に関してはできるだけ触れておかないことが大事であり、万が一その話が出てきても、真っ向から対立をしないようにすることが無難です。

好き嫌いがある話題はしないのが吉

野球に関しても同じ球団のファンならすべて大丈夫かと言えばそうではありません。応援の仕方や誰をひいきにしているかなどで態度が大きく変わるケースもあります。そのため、探りを入れるにしても、いきなりこちらが自分はこのチームのファンですと言わないようにすることが大事です。他にも競馬などのギャンブルの話題、お金儲けの話題、最近の世相、ニュースについてなど、判断が分かれるようなものに関してはこちらからは触れないことが大前提です。

情報をどんどん出すべきではあるものの、それは結婚に関することであり、思想信条に関することを積極的に開示してもあまりいいことはありません。

友人に結婚報告するなら

映像版セーブザデート(Save The Date)レトロ

両親に聞かれそうな質問を想定しておく

相手の両親が聞いてきそうな質問というのはある程度限られます。出会いや馴れ初めについて、好きな食べ物は何か、お酒は飲むのか、仕事は何をしているのか、趣味は何か、休みはどれだけあるのかなど聞いておきたい質問というのは山ほどあります。もちろん、これらをすべて言えるようにしておけばいいですが、事前にどういう質問が出てくるのかを想定しておけば慌てることなく、返していくことが可能です。

両親からの質問はおおよそ想像がつきます

結婚報告の場であまりにも突拍子もない質問をする人はまずいないこと、聞かれそうな質問はだいたい決まっていること、滞在時間がどれくらいかなどを総合し、どれだけのことに答えればいいのかというのはだいたい決まります。それでいて口裏を合わせないといけないものはどれかなどの打ち合わせをしておけば、少なくとも結婚報告の場が修羅場になるようなことは起こりにくくなります。

目安としては、それを言って相手を不安にさせないかどうかということであり、堂々と胸を張って言える答えかどうかというのも大事になっていきます。


明るく誠実に対応すれば全て良し!

結局大事なのは、明るくハキハキと、それでいて誠実にやり取りをすることができるかという点です。緊張をしているのは当然わかっていますが、全く緊張状態が改善されないとかなりの不安に襲われ、結婚を快諾してくれるというより、仕方なく認めるという状況になり、結婚をしてから色々と苦労することになります。緊張をしていても笑顔をなるべく作る、そして、相手も同じだけ緊張をしていることを意識すれば大丈夫です。

笑顔で明るく誠実に

もし断られたらどうしようとは思わず、まずは笑顔で接する、明るさを忘れないという姿勢が大事です。そして、営業マンのように、明るく誠実な人を演じるというのもおすすめです。普段の姿とは違い、スイッチを入れて別の自分を演じるということも緊張をほぐす、結婚報告をうまくいかせる際には必要なことです。ただ、やりすぎるとやはり結婚した後に指摘されてしまうため、あくまでもほどほどがおすすめです。

笑顔でやってくる青年に対し、悪い印象を持つ人はいません。適度な緊張、適度な笑顔を心掛ければそれで十分です。


ウェディングプランナーまとめ

結婚式が一世一代の晴れ舞台であるとすれば、相手の両親への結婚報告は一世一代の大勝負と言えます。ここさえ乗り切れば、それ以上のことというのはなかなかありません。むしろ一世一代の大勝負をする以上、それ相応の準備をしなければいけないこともわかっていきます。

大事なことは、明るさを忘れないこと、そして、相手の嫌がる話題、ネタを出さないこと、相手が求める答えを返してあげることであり、それさえやっておけば間違いなく祝福してくれます。


結婚報告 親

2017-07-14 19:29:13

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング