友人への結婚報告のベストな伝え方とは?AMO

結婚することに決まったら、これからの人生のことを夢見て毎日がウキウキ気分になります。

結婚に向けて準備を進めていくうえでは、楽しいことばかりではなくたくさんのことを乗り越えていかなくてはなりません。

まずは両親に結婚報告をしたり、会社に結婚報告をしていかなくてはなりません。

両親に反対をされれば結婚の話を進めることはできませんし、会社への結婚報告をしたことによって、会社での立場が悪くなるようなことがあってはいけません。

結婚報告を失敗してしまうと、これからの会社での扱われ方に難関の道が待ち受けていることもあります。

友人への結婚報告

ここをうまく乗り越えることが出来れば、次は友人への結婚報告をしなくてはなりません。

気心の知れた友人なのですから、一番楽に結婚報告が出来ると軽く考えてしまいがちですが、気心の知れた仲だからこそ、トラブルに発展してしまうこともあります。

友人への結婚報告の伝え方を間違えてしまうと、今までの友情が壊れてしまうこともありますので、慎重に行わなくてはなりません。

いくら幸せだからといって相手の気持ちも考えずに接していると大変な思いをすることになるからです。

未婚の友人には気遣いを忘れずに!

すでに結婚している友人には、結婚報告をしやすいですが、未婚の友人には伝えにくい場合があります。

まだ20代前半くらいの時期であれば気軽に伝えやすくなりますが、30代を過ぎてくれば伝え方に注意が必要です。

30代を過ぎた女性は結婚を意識するようになってきますので、その時期に友人からの結婚報告を受けると気持ちがナーバスになってしまいます。

どんな伝え方をされても気にする人もいますが、相手の神経に触れてしまうような言い方をしてはいけません。

直接会って結婚の報告をするのが◎

伝えにくい相手には直接会って伝えるのは気が引けると思うかもしれませんが、普段からよく会う相手だというのにメールで伝えるのは、気を使われていると思われてしまいますので、直接会って伝えるようにしましょう。

その時の伝え方としては、ストレートに結婚することになりました、と伝えて問題ありません。

謝罪の言葉を入れるのはNG

そこで相手の気持ちを考えるばかりに、謝罪の言葉を入れて伝えることです。

例えば、申し訳ないけど、ごめんなさい、などの謝罪の言葉を入れてしまえば、余計に相手を傷つけてしまうことになりますので、謝罪の言葉は入れないようにしておきましょう。

そして結婚報告を終えたら、相手に聞かれたことは素直に答えるようにします。

相手も気を使っていろいろ聞いてくれているというのに、何も答えないというのは良くありませんので、素直に受け答えをすることです。

離婚を経験している友人には?

未婚の友人に伝えるのも気を使うものですが、結婚したことはあっても離婚をしている友人にはどのように伝えればいいでしょうか。

この場合には、直接伝えたほうがいいでしょう。

離婚をしてかなりの期間があいている友人であれば、離婚の悲しみから立ち直れている可能性も高いですが、離婚して間もない相手には伝えにくい部分でもあります。

しかしこれも未婚の友人同様に、下手に気を使ってしまうのは逆効果になりますので、気を使い過ぎる必要はありません。

結婚報告をしたことによって、友人との関係が壊れてしまうようなことがあってもいけませんので、気をつけましょう。

友人との時間も大切に

結婚報告後には、結婚の準備などでいろいろと忙しくなってきますが、無理しない程度に出来るだけ友人との時間も作るようにしていく事です。

無理をし過ぎて今までと同じように友人との時間を過ごして疲れている姿を見せると、友人も気を使わざるを得なくなってしまいます。

自分のために無理をして時間を作っていると思われてもいけませんので、無理しない程度にとどめておくほう気を使わせなくてすみますのでいいでしょう。

無料で作れる結婚報告ムービーが人気

写真を3枚送信するだけで、二人専用の報告ムービーが出来上がる!

結婚報告ムービー

結婚報告 友人

2017-06-27 23:32:45

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング