結婚式の招待状を作るうえで押さえておきたいポイント5つ!

結婚式の招待状は、式場のプランに組み込まれているものやオプションを利用したり、ペーパーアイテムや結婚式関連のグッズの制作代行の業者に依頼するほか、あらかじめセットになっているキットを購入して印刷だけを自分たちで行ったり、一から自作するなど様々な方法があります。結婚式はおめでたい式典ということもあり、オリジナリティを出すのは構いませんが、きちんとマナーを守った招待状やペーパーアイテムをつくる必要があります。結婚式場や業者に依頼するときには、こちらが文章やスタイルをある程度指定すれば失礼のない内容のものを作ってくれますが、自分で手作りをするときにはチェックしてくれる第三者がいませんので、いくつかのポイントを抑えてから作るようにするとよいでしょう。

結婚式の招待状をつくるうえでのポイントは、大きく分けて5つあります。まず、費用面に関していうと、結婚式場や業者に依頼した時の単価は一通当たり300~500円程度、さらに宛名を手書きで依頼すると200円程度必要になります。招待客が多くなると万単位の出費になりますので、ある程度予算に余裕がある場合、結婚式場が格式の高いホテルや教会であるなど、雰囲気に合致する高級感のあるものをつくりたい場合、時間に余裕がなかったり、手順やマナーがよくわからないので手作りができないという場合などに利用されることが多いです。ただ、まとめて注文するので単価は安くなることがありますし、プロがきちんと手順を守って作ってくれるため、安心感もあります。一方、手作りをするときには一通当たり100~400円程度のコストになります。ただ、まとめて材料を購入すればこれよりも安く抑えることもできますし、逆にこだわって作れば既製品のものと大差ない金額になることもあります。ゲストが多いときにはこの差も広がりますし、自由度が高く、オリジナリティのあふれるものをつくりたいときにおすすめです。キットを購入して印刷をする場合でも、テンプレートがあらかじめ用意されていますので、それほど苦労せずに作ることができます。一方で、忌み言葉の回避や文章の体裁、記入事項など、結婚式にふさわしいものを作成しなければなりませんので、可能であればプランナーと相談しながら進めていった方が良いでしょう。

次のポイントは、結婚式場に関する案内です。ゲストの多くは結婚式場についての知識を持たないまま出席します。特に遠方から来る人にとっては、土地勘が全くありませんので、式場名や住所だけではたどり着くことも困難です。そのため、式場に依頼して地図を用意してもらったり、交通アクセスの案内をつけるのが良いでしょう。また、結婚式、披露宴、二次会を離れた場所で行うときには、それぞれの移動方法も知らせておく必要がありますし、空き時間が長いときには近くで休憩できるカフェや荷物の預け場所なども紹介するのが親切です。これらは結婚式場や二次会の会場に相談してると紹介してもらえますし、場合によっては同封できるサイズのチラシなどをもらえることもあります。

また、渡すときのマナーも重要なポイントの一つです。結婚式の招待状のセットは、基本的に案内状、返信用はがき、会場の地図、個別のメッセージカードや付箋などとなっています。セッティングの時にこれらを取りこぼしなく入れるのはもちろんですが、返信用はがきには必ず切手を張り付けておくようにしましょう。結婚式の招待は、郵便よりも手渡しで行うほうが丁寧です。近くに住んでいる人や職場の人などは手渡しで招待状を届けることも多いですが、相手からの返事が手渡しになる可能性が高い場合でも、きちんと切手のついた返信用はがきを同封しておきましょう。なお、手渡しで渡す場合には、封筒は封をせずにそのままにします。また、宛名のところは名前だけにして、住所は記入しないのが原則です。一律印刷にしてしまうと、こういった細かいチェックをおろそかにしがちですが、特にしきたりに厳しい相手や年配の人には悪い印象を与えてしまいますので気をつけましょう。

どうしても手渡しができないという場合には、郵送で招待をします。手渡しをするときもそうですが、郵送の時も事前に電話や面会などで結婚の報告と、結婚式に招待したい旨を伝えておきましょう。気の置けない友人であればメールなどを利用することもできますが、目上の人に対しては基本的には面会、遠方などで難しい場合には電話での連絡が常識です。郵便の時の注意点としては、切手の料金不足にはならないように気をつけましょう。招待状を送るとき、個別に手紙を入れたり、スピーチや受付、余興、二次会漢字を依頼した相手へのメモを同封することがありますので、重さは一通一通異なってきます。また、市販のキットではなく手造りにしている場合には、使用している材料の重さも微妙に異なっているため、入れている内容が同じであっても重さが違うこともあり、注意が必要です。間違っても、ゲストの元に料金不足の招待状が届くようなことのないようにしましょう。また、切手は寿のものを使用するか、結婚式用にオリジナルのものを作成してもらうようにしましょう。

次に、日取りに関するポイントです。結婚式の招待は、直前でも失礼に当たりますし、あまり先のことでは予定がはっきりしないため、返答に困ります。一般的には、招待状を発送する時期は結婚式から2か月くらい前で、締め切りまでの期間はおよそ1か月程度です。また、発送日、出欠の締切日は大安か友引を選ぶようになっていますので、発送予定日から逆算して、1~2か月程度は日数に余裕を見てから準備をした方が良いでしょう。なお、文面では発送する年月に加えて吉日を入れ、消印が大安もしくは友引になるように、早い時間帯に郵便局の窓口に直接持ち込むことをお勧めします。夜間やポストへの投函では、翌営業日の受付になって消印が希望通りにはならない可能性があります。

次に、招待状そのものに関するポイントです。一生に一度の結婚式なので、自分たちらしさをアピールしたいと考えているカップルも多いですが、珍しさを追い求めるあまり、好き嫌いの別れる奇抜なデザインになったり、ともすれば馴れ馴れしく感じられるようなカジュアルなものになっていることもあります。年代の近い友人ばかりで開催するパーティーであれば問題ありませんが、目上の関係者や親族などが集まる場合には、プランナーと相談して失礼のないデザインや文面にしましょう。肝心の文章に関しては、検索すればたくさんの文例やテンプレートが見つかりますが、下手にこれらをアレンジせずに、時候の挨拶を発送時期に合わせたものに変えたり、固有名詞を変更するだけにしておくと失敗が少なくなります。自分たちらしい文章にしたいときは、プランナーにチェックしてもらいながら作ったほうが良いでしょう。

このように、結婚式の招待状一つとっても、気をつけたい点やタブーとされている内容はたくさんあります。一つ一つ調べながら作業をするとかなり手間も時間もかかりますので、結婚が決まったらできるだけ早めに段取りをして、急ぐものからどんどん手をつけていった方が良いでしょう。特に招待状は相手のあることですので、タイミングや文章、気配りやマナーなどについて念入りにチェックしてから渡すようにしましょう。

結婚式招待状

2017-05-24 18:39:50

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング