結婚式の招待状を1から手作りするのってどのくらい大変?

結婚式の招待状は、大きく分けて作成を代行してもらうか、自分で手作りするかの二つに分かれます。依頼する場合には、結婚式場でもプランに含まれていたり、オプションとしてつけることができますし、ペーパーアイテムをインターネットで簡単に注文できる業者などを利用する方法もあります。また、自作するという場合でも、セットは既製品を購入して、テンプレートなどを活用して印刷や発送作業だけを自分たちで行う方法もあります。結婚式の準備は非常に種類が多く、早めに始めなければならないため、面倒な作業になる招待状づくりは業者に任せたり、節約のために自作するとしてもセットは出来合いのものを購入するというカップルがほとんどです。ちなみに、既製品のキットはまとめ買いをすると単価は安くなりますが、結婚式の規模は実際に招待予定の人の出欠を確認しなければ決まりにくいため、自作するときには小ロットで何度か買い足すことが多いです。その結果、単価は業者に発注するよりも高くなることがありますし、印刷のインクなどもかかるため、それほど大幅に節約になるわけではありません。合理的に結婚式の準備を進めていきたいと考えている人は、会場や業者に依頼した時のコストと比較したり、自分が気に入ったキットがあるかどうかなどで判断するとよいでしょう。業者に依頼する場合には、招待状の作成と宛名書きそれぞれに費用がかかります。ただ、宛名書きは自分たちで印刷することもできますし、業者に発注するときも、手書きか印刷かを選ぶことができます。一般的には手書きにするのがおすすめですが、招待客が多いときにはかなりの金額になりますので、招待客が少ない場合や手渡しにする人が多いときなどに利用するカップルがほとんどです。

結婚式自体がアットホームなつくりになっていたり、自分たちのオリジナリティを出したいと考えているカップルは、結婚式で必要な席次表やウェルカムボードなどのペーパーアイテムを一から手作りしています。これならばコストも抑えられて自由度が最も高いですが、時間と手間はかなりかかりますので、早めに準備をしているときしかできません。結婚式の雰囲気によっては、既製品のほうがかえってイメージがなじんでいることもありますし、作り方を失敗すると安っぽい印象を持たれることもあります。そのため、第三者の意見も参考にしながら、自分たちの結婚式にぴったりで、相手も満足して受け取ってくれるようなものをつくっていきましょう。

結婚式の招待状をつくるときの流れとしては、まず、自分たちの結婚式の式場や料理、招待客の年齢や間柄、コンセプトなどを考慮しながらイメージをつくっていきます。招待客は年齢も性別も幅広いため、カップル二人だけでなく、協力してもらえる第三者がいれば意見も聞きながらイメージを固めていきましょう。大まかなイメージが決まったら、材料を購入します。セットは封筒、返信用はがき、案内状、結婚式場の地図、リボンや造花などの装飾品、個別に連絡するときの付箋やメッセージカード、メモなどです。また、プリンタはもちろん、インクもきちんと用意しておきましょう。印刷部数が多いときには多めに購入しておくと、一度にまとめて作成することができます。

材料の準備ができたら、最終的にデザインをつくっていきます。結婚式のペーパーアイテムは、無料のテンプレートもたくさん見つけられますのでそちらをアレンジするのもよいですし、グラフィックツールやフォトレタッチツールなどを利用して、一から作ってみるのもよいでしょう。最終的な原稿ができたら、実際に使う用紙に印刷をして、バランスや色合いを確認します。また、記載内容に間違いがないかをウエディングプランナーにチェックしてもらったり、結婚式場の間取り図の原稿を埋め取っておきましょう。結婚式はおめでたい式典ですので、忌み言葉や別れ、区切りなどを意味する漢字、レイアウトなどは避けなければなりません。自分たちでそれをチェックするとしても見落とす可能性がありますので、経験豊富なプランナーに調べてもらえるのであれば任せたほうが良いでしょう。また、発送日や出欠の回答の締切日は、大安か友引にする必要があったり、切手を寿やオリジナルのものにしたり、手渡しをする相手には住所を記入しないなどのマナーの問題もありますので、相談しながら作業を進めていくことをお勧めします。

実際に印刷したものを見て満足できる仕上がりになったら、必要部数を印刷して、装飾をしていきます。リボンや造花、チャーム、ビーズ、シール、スタンプなどの様々なアイテムを使い、時にはこれらをカットしたり貼り付けたりしていきますので、招待客の人数が多いときにはかなりの労力になります。最初から新郎新婦が協力して作業をするという意欲がなければ、手作りはかなり大変であるといえるでしょう。

全ての招待状が完成したら、次は宛名書きです。手渡しをする人は名前のみを記入し、夫婦や家族など複数の相手を招待するときには連名にします。旧字体や特殊文字を使っている人の場合には、略字にせずに本来の文字を書くようにしましょう。返信用封筒は宛名書きと切手貼りがきちんとできているかを確認しておきましょう。地図が小さい場合や交通アクセスの不便な会場を利用するときなどは、大きめに印刷したり、移動方法を紹介するなど、招待客が問題なく式場まで来られるように配慮をしましょう。結婚式と披露宴が別の会場であったり、結婚式、披露宴、二次会までに時間が空きすぎる場合などは、それぞれのアクセス方法や、合間に近くで時間をつぶすことができる店、荷物の預け場所なども書いておくと喜ばれます。こういった細かい気配りができるのは、やはり手作りのメリットの一つではありますが、面倒な作業でもあります。

記入が済んだら、次はセッティングです。案内状、会場までの地図、返信用はがきを入れて、余興や二次会の幹事、スピーチ、受付などを依頼する相手には、それぞれ個別に依頼内容や手順などを記載したものを入れておきます。中身がきちんと入っているかを確認して、手渡しをする場合にはそのまま、郵送にするときには封をしましょう。郵送分については、付箋やメモで重さが変わってきますので、一つ一つ重量を計測する必要があります。同じメモを入れている物事に分類しておくと、すべての招待状の重さをはかる必要がありませんので、封をする前に分類しておくとよいでしょう。手渡し分は事前に相手に連絡をしたうえで、きちんと挨拶をして渡します。郵送分については、消印が大安や友引の日付になるように、郵便局の窓口に持ち込みましょう。

このように、結婚式の招待状を一から手作りするとなると、かなりの準備が必要となります。一般的に発送は結婚式の2か月前、締め切りが1か月前ですので、数か月前から準備を進めなければなりません。ただ、招待客のリストの作成や住所氏名の確認、事前の個別の連絡、手渡しなどは業者に依頼した場合でも必要な作業ですので、招待客がそれほど多くない場合、とにかくオリジナリティにこだわりたい場合、新郎新婦や家族、友人が協力して作業を効率よく行えそうな場合などは挑戦してみるのもよいでしょう。費用面ではかなり抑えることも可能ですし、自宅で作ることができるためにタイムラグがなく、手渡しや発送をする直前まで招待客の変更もできますので、その点では便利です。

結婚式招待状

2017-05-24 18:39:50

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング