プロフィールムービー音楽・曲 新郎2 2017年3月の結婚式

アンケート結果

Darling/西野カナ

結婚式のプロフィールムービーで西野カナのDarlingを流しました。周りの方からの反応も良かったですが、嫁さんが一番喜んでいました。もともと嫁さんが、西野カナを大好きで、結婚式のどこかのタイミングで彼女の曲を使いたいという要望がありました。そのため、彼女の曲を結婚式のどこかで使ってもらえないかどうか、ウエディングプランナーさんに相談しました。まず、彼女の曲のどれを使うか、話し合いました。ウエディングプランナーさんと嫁さんの一押しがDarlingだったので、それを流すことに決めました。私はあまりどの曲がいいかはわからなかったので、二人に選曲は任せました。使う部分は、王道のプロフィールムービーの瞬間がいいとをウエディングプランナーさんにアドバイスされました。サビの部分等で盛り上がりやすいので、プロフィールムービーをより感動的にしてくれるとのことでした。実際に本番でも、確かに曲調が写真とあっていて盛り上がったので、この選択で良かったと思います。

出典:hmv.co.jp

Dear My Friend/Hi-STANDARD

私は自分の結婚式で、Hi-STANDARDというバンドのDear My Friendをプロフィールムービーとして使用した経験があります。この曲を選んだ理由は、昔からHi-STANDARDというバンドが好きだったためです。また、一度聴けば忘れられないイントロや、曲全体から祝福されているような雰囲気を受け取ることができるということもあります。そして、この曲を聴けば懐かしい高校時代を回想することができるという点もあります。実際に使用してみたところ、出席者の方々の反応としては、驚いていながらも楽しんでいる様子があったことを覚えています。シンプルなハードロックであるため、わかりやすく嫌味の無い楽曲であるところが出席者の方々に受け入れられたと想像しています。このバンドの曲を結婚式で流すケースは少ないのかもしれませんが、明るくて勇気を与えてもらえる曲調の楽曲が多いため、意外にも場の空気にマッチすると感じています。

出典:hmv.co.jp

LOVE/MACO

結婚式は人生の中で1度だけのことなので、自分にとっても妻になる彼女のためにも両家の家族・親族にとってもいいものにしたいと感じました。結婚式の中でいろいろな場面で流れる音楽選びも大切なんですね。僕はミスチルの「365日」とか1Dの「Story of my life」を場面に合わせて流してほしいと思っていました。新婦となる彼女の希望はMACOの「LOVE」を絶対流してほしいといっていました。結婚式は僕より彼女の満足度が高いものにしたいと思っていたので、プランナーの方に彼女の希望を優先させてくださいとお願いしていました。プロフィールムービーは彼女の小さかった頃や友人に囲まれている彼女は僕の知らない彼女を垣間見ることができて感動しました。僕のこともそんな風に見てもらえたんでしょうか。このプロフィールムービーにMACOの「LOVE」を流してもらったのですが、詩の内容がとてもよくて、僕らが出会ったころから思い出して彼女を抱きしめてしまいたいと思いました。式が終わったあと、友人や両家の家族や親族からも音楽の選曲もとてもよかったといわれ、うれしかったです。

出典:hmv.co.jp

Million Films/コブクロ

付き合って5年になる彼女と結婚しました。式場で結婚式や披露宴の打ち合わせをしている時に、妻の父上が末期がんを患っていることを知りました。泣きながら「結婚式をしている場合じゃない」と訴える彼女でしたが、父上のたっての希望で挙式をすることにしました。プロフィールムービーに使用する写真はなるべく、彼女がお父さんと一緒に写っている写真を多く使用して最高の思い出と親孝行をさせてあげました。BGMに使用したコブクロのMillion Filmsは、人生の写真という意味が込められた歌で歌詞に「この世の宝物はあなたの存在」というのが妻そして義父さん二人の事を言っているようだったので使用しました。司会者の方が妻たち一家の苦境を語ってくれると、参列者の皆さんが涙を流して僕たち夫婦の行く末の応援と義父へ励ましを送ってくださいました。結婚式が終わって4ヵ月後に59歳という若さで義父はこの世を去りましたが、娘を任せたと最後に言ってくれた言葉を胸に刻み妻を守っていきます。Million Filmsは一生忘れる事ができない歌になっています。

出典:hmv.co.jp

プロフィールムービー 曲

2017-05-24 18:39:38

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング