彼氏と別れたばかりの友人への結婚報告

とても仲良くしている友達が、最近彼氏と別れてしまいとても悲しんでいました。私の恋愛もいつも応援してくれていましたし、私が彼氏とうまくいかないときには、いつもそばにいて慰めてくれていました。そんな友人が、5年もお付き合いをしていた彼氏と別れてしまったのです。友人はかなり悲しそうでした。食欲もなかったようで、どんどん痩せていっているのがわかりました。私はできるだけ彼女のそばにいて支えてあげたいと思って支えていました。でもそんなときに、私は彼氏からプロポーズをされました。すごくうれしかったし、私も彼と将来は結婚をしようと思っていたのですぐに結婚することに決めました。でも、問題は彼氏と別れたばかりの親友への結婚報告でした。きっと何もなければすぐに結婚報告をしています。そしてきっと一緒に泣いて喜んでくれたと思っています。でも、今の彼女の状況はとても辛いです。5年もお付き合いをしていた彼と別れてしまっているのです。まだ、数か月お付き合いをしていた彼と別れた、というのであれば悲しみもそこまでないかもしれませんが、5年という月日をともに過ごしてきた彼と別れているので、自分の結婚報告をしている場合ではないのでは、という感じでした。でも自分が彼女の立場だとしたら、結婚報告をしてもらえないのはとても悲しいです。いくら友人が悲しい状況でも、きちんと結婚が決まったことだけは伝えないといけないと思い報告をすることを決意しました。

きっと何もなければ私は、彼からプロポーズをされたことを浮かれて電話ですぐに親友の彼女に報告をしていたと思います。でも今はそんなことは絶対にできないので、二人で会っているときにさらっということにしました。報告をしようと思っていた日は、私は彼女と映画をみにいくことになっていました。予定通り映画を観て、とてもおもしろかったねと会話をしながらいつものように夕食を食べにレストランに歩いていきました。そのレストランで、私は彼女に思い切って報告をしました。「実は私、彼と結婚をすることになったの。結婚式は来年の5月だからぜひ来てね。」とさらっといいました。浮かれた雰囲気を一切出さないようにしましたし、笑顔もそこまでだしませんでした。そしたら友達は、少し困った顔をしていました。私は、やっぱりいうんじゃなかったかな、と思ってしまいました。でも友人は、私のせいでせっかくの結婚報告を言いづらいものにしてしまってごめんね、といってきたのです。友人は目に涙を浮かべていました。その涙は、決して私だけが幸せでつらくなって流す涙ではない、といってくれました。あなたにこんなつらい思いをしながら結婚報告させてしまったことに対する涙だといっていました。すごく幸せな結婚報告のはずなのに、私に気を遣わせて本当にごめん、と何度も謝ってきました。しかも、彼女は本当に心から結婚報告を祝福してくれたのです。本当に本当におめでとう、と何度もいってくれました。私のことは昔からよく知っているし、結婚報告を聞くことができてとてもうれしいといってくれて本当に幸せな気持ちになりました。今度、私と彼氏と3人で食事をしようともいってくれました。自分がつらい状況でも、友達の幸せを喜ぶことができる友人を誇りに思いました。私には本当に素敵な友達がいる、と心から感じました。とても自慢の友達です。結婚報告がうまくいってとても安心しました。電話などではなく、直接会ってさらりということができたのがよかったです。浮かれた感じも一切だしませんでした。結果的にとてもいい友人だったのでうまくいきました。報告が無事に終わりとても安心しています。

結婚報告 友人

2017-05-24 18:38:28

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング