結婚に反対していた親に結婚報告をしました

大学生になってから独り暮らしを始めましたが、大学で募集していた演劇サークルに加入したことによって、演じるということに夢中になりました。

サークルではプロの俳優や監督を目指している人も多く、かなり刺激を受ける毎日を過ごすことができました。

私も将来は演劇に道に進みたいと考えるようになったので、サークル内で演じるだけでなく、他のアマチュア劇団から応援要請があれば喜んで参加するようにしていました。

私が大学生になって演劇を始めたことは親も認めてくれていて、わざわざ上京して私が出演している舞台を見にきてくれたこともありました。

有名な講演会場ではなく、本当に小さな寺子屋のような劇場での舞台でしたが、とても上手だと喜んでくれました。

演劇を始めてから3年ほどたったころ、他のアマチュア劇団から出演者が急病で出られなくなったのでヘルプに来てほしいと要請されました。

そこで私が代役として出演することになりましたが、その劇団で脚本兼俳優をしている男性と初対面から惹かれ合うことになりました。

年齢は一回りほど離れていましたが、お互いが一目ぼれの状態になったのでそのまま付き合い始めることになりました。

すぐに付き合い始めてから同棲をすることになったので、一応、学生で学費を親から出してもらっているということもあり、親に彼氏と同棲していることを告げました。

そうしたら親はかなり驚いて、すぐに私が借りているアパートまで押しかけてきました。

ちょうどそのとき、彼氏はヨレヨレのTシャツを着て髪の毛もぼさぼさ頭だったこともあり、一目見て、大反対されました。

こんな男と付き合うのであればすぐに大学をやめて家に戻ってきなさいとまで言われましたが、反対を無視して彼と付き合うことを続けました。

彼は演劇では食べていけないのでフリーターとして働いているため、確かに経済的な面では生活は余裕がありませんでした。

それでも彼と演劇の話をしていると楽しくてしょうがないし、気持ちが満たされるような気がします。

それからも親は交際を反対し続けたので、仕送りもストップしたためアルバイトをすることにしました。

大学卒業後、私は就職して会社員として働くことにしましたが、彼との同棲を続けることにしました。

金銭面では私が会社員となって安定したので、以前よりも経済的に余裕が出たこともあり、まるで夫婦のように暮らすことができました。

結婚したらこんな状態になるのかなと思いましたが、彼は親が許してくれるまで結婚しないと言い張ります。

しかし私の両親もかなり頑固なので、当分は結婚を許してもらえないだろうと諦めていました。

連絡も取らない日々が4年ほど続いた後、私が妊娠していることがわかりました。

彼は妊娠がわかったらすぐに入籍しようと言ってくれたので、保証人は劇団の先輩に頼んで、籍を入れることにしました。

結婚したんだから、両親にも結婚報告をすべきだと彼が言い張るので、不安があったものの、私の実家に結婚報告に行くことにしました。

両親は急に訪ねてきた私たちにびっくりしたものの、彼が以前とは違って清潔な髪型とスーツを着用してきたことにも面食らってようでした。

そして部屋に通された後、彼が結婚報告をさせてくださいといきなり頭を下げたので驚きました。

彼は大事なこともあまり言葉にしないような人でしたが、決めるときは決めるのだと自分もびっくりしました。

両親もあっけにとられたようで、その後、私がもう入籍したし子供ができたと報告すると、すでに諦めていたようで反対の言葉も言わずにお祝いの言葉だけを言ってくれました。

そして彼にも優しく言葉をかけてくれましたし、これからはもっと実家に帰ってきなさいと言ってくれたので、結婚が認められたことがわかり安心しました。

結婚報告 親

2017-05-24 18:38:28

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング