新元号を先取り!「令和」デザインの招待状が大好評ご案内中です!

平成最後のひとつきのスタートとなった4月1日。多くの国民が注目するなか、新元号が刃票されました。 ご存じの方も多い、新元号は「令和(れいわ)」です。大化から数えて248番目の元号となり、西暦2019年5月1日から使用されます。
令和のもととなったものは、万葉集の巻五の「梅花の歌三十二首 序文」。その中にある文章を出典としています。 「令」は、なんと元号の中でも初めて使用された漢字であり、新しい門出には相応しいのかもしれません! 「和」は、これまで19回も使用されている漢字で、「おだやかで争いがない」との意味があります。新しい時代も豊かであるように・・・との願いが感じられますね。
AMOでは、新元号の発表を記念として、「令和」をデザインに取り入れた印刷込み招待状をご用意しました! これから結婚式の招待状を探されている方の多くは、「令和」に元号が変わってからの日取りかと思います。令和元年は、残すところあと8カ月しかありません。このタイミングでの結婚式におすすめのデザインのため、ぜひチェックしていただければと思います。

目次

  1. 令和招待状洋風デザイン
  2. 令和招待状和風デザイン
  3. 令和元年でゲストの記憶に残る

令和招待状洋風デザイン

エンボス加工の白紙

ビンテージ加工のクラフト紙

豊かなハーブのガーデンをイメージできるデザインに、大きくアルファベットをもちいて「REIWA」とデザインした印刷込み招待状です。REIWA部分の文字サイズは、他の文字よりも大きめのため、パッと目を引くポイントになっています。 他にも、新郎新婦さまの名前もデザインしているため、オリジナル感が強いことも特徴的だといえるでしょう。
同一デザインでも、ホワイトの台紙とクラフト紙の台紙を用意しています。ホワイトの台紙は、清楚でスッキリとまとまった印象に。クラフト紙の台紙は、ナチュラル感が強く、オーガニックな雰囲気を好まれる方におすすめできるデザインに仕上がっています!
また、元号デザインとはいえ、そこまで主張しすぎていないことも取り入れやすいポイントでしょう。さりげないREIWAデザインにゲストも驚かれることと思います。

令和招待状和風デザイン

エンボス加工の白紙

ビンテージ加工のクラフト紙

万葉集の言葉が起源の「令和」だけに、和風デザインを見逃す手はありません!昔から使用されていたような、縦書きデザインが自慢の「令和和風」デザインは、和風の式場や和装を取り入れた結婚式を予定されている方におすすめできる招待状です。
背景には、円をモチーフにした模様をデザインし、より和風な雰囲気をアップ。裏表紙にも「令和」と刻印風にマークし、和風デザインを極めています! こちらのデザインも台紙は、ホワイトとクラフト紙をご用意。ホワイトはしっかり・シンプルな魅力があり、クラフト紙には万葉集を思わすレトロさを感じていただけるでしょう。

令和元年でゲストの記憶に残る

令和元年だからこそできるオリジナルの演出だとも言える、「令和招待状」。結婚式という新しい門出に新元号のデザインを添え、他の年にはできない演出を取り入れてみてはいかがでしょうか。ゲストの記憶にも残りやすいことが「令和招待状」のポイントだともいえますね!洋風・和風デザインともに、優しくシンプルにまとまっているため、他の席次表や席札との組み合わせもバッチリです!
また、4つのデザイン共に印刷込みの招待状のため、本状面の印刷は済んでいます。そのため、このまま封筒にセットし、投函することが可能!何かといそがしい結婚式準備にお役立てください。

結婚式招待状印刷込み

2019-04-13 20:33:42

関連キーワード

関連記事

おすすめキーワード

記事ランキング